A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信した一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

血液型とか家族構成とか

f:id:scotchandsoda:20200119131620j:plain

昔、高校の生物の先生が「A型とO型の遺伝子はみかんと伊予柑くらい違う。性格に違いがあって当然だ」みたいなことを言っていた。そんなものかなと思って今に至っている。

あるいは星占い。数光年離れた星の運行が人生に影響するとか素敵なファンタジーだ。でもまあちょっと僕には無縁かな。

歳を取ってくると後天的な要素で性格が変わってくる。仮に性格に「A型傾向」ってものがあったとして「A型でしょ?」「当たり!」と盛り上がれるのは10代までだ。

後天的に効いてくるのはやっぱり家族構成である。えーと、あまり深刻な話をするつもりはなくて、兄弟とか姉妹とか一人っ子とかそう言う話ね。

結構な歳でも性格に影響してるから面白い。50歳のオジサンでも兄弟の弟だったら弟っぽい。「お兄ちゃん」の影が見える気がするよね。姉弟の弟とかも「あーあー。分かる分かる」となる。年上の女性にモテるけど当人は怖くて逃げてるとか。ははは。

とは言え、ちょっと話して「弟でしょ!」と当てるのは簡単ではない。年上のオッサンとも自然にコミュニケーション取ってるから妹構成の妹かと思ったら妹構成の妹だったりする。姉が強力過ぎるとそうなるのかな。長男・長女は比較的分かりやすいけれどやっぱり簡単には当てられない。

分かりやすいのが一人っ子である。特に中流〜上流家庭の一人っ子には典型といっても良い性格がある。

超マイペース。がっつかない。競争を避ける、というか競争という概念がない。一人でぼーっとしてる。妙に自信ありげに見える。愛されオーラ。誰かがなんとかしてくれるオーラ。とかとか。

もちろん例外はある。積極的でしょっちゅう冗談を飛ばし、ツッコミ厳しく、ガンガン前に出てくる女の子が一人っ子だと聞いてびっくりしたことがあるからね。

ADHDとかASDとかサイコパスとかで人を判断するのも面白い?けど変わった人を見たら家族構成を想像してみるのも趣深いのだ。