A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信した一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

服をマネージしたいので検討してみる その2

f:id:scotchandsoda:20200101153518j:plain

服装に気を使うことで生活の質が上がる。また服をちゃんと整理すれば室内が片付く。これまでの人生、ファッションについてなるべく考えないで生きてきてしまった。ミドルエイジクライシスを機にちゃんと「服をマネージする」方向で考えたい。

みっともなくない格好と(少なくとも服が)整理された部屋を維持するのだ。いいことじゃないか。

さて、客観的な課題として以下があるようだ。

  • ろくに着てない服がある。
  • 衣替えがシステマティックにできない。冬でも夏服が転がっている。
  • 服が片付かない。収納に空きがあるにもかかわらず外に乱雑に服が積んである。

主観的な課題?として以下がある。

  • インナーが捨てられない。4、5年使用して極薄となったヒートテックシャツ、タイツを未だに使い続けている。このままでは破れるまで着てしまう可能性がある。
  • アウターが捨てられない。「まだ着られるから」と年に数回しか着ない、しかも大して洒落てもいない古い服が捨てられない。
  • 安い服をわりとテキトーに買ってしまう。
  • ほとんどの時間をファッションを意識せずに生きている。というか、正直言ってあまり意識したくない。
  • できれば他のことにお金を使いたい。

要するに大して気に入ってもない無印・ユニクロの服が押入れやらタンスの上やらに大量に積んであるわけ。

でもさあ、小綺麗な服を維持・メンテするのって発達障害じゃなくたってムズカシイんじゃないの?と逃げたくもなるよね。

まあいいや。

どうすっかな。やっぱりまずは捨てることか。「ときめきの法則」ってやつ?その通りにやると服がなくなってしまう予感もあるのだが。