A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信した一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

服をマネージしたいので検討してみる その1

f:id:scotchandsoda:20200125113156j:plain

ブログ書いてると課題を発見して深掘りすることがある。ブログのメリットの一つである。最近、ファッションに無頓着過ぎるのはいかがなものか。との問題意識を持った。

ファッションに無頓着過ぎると生活の質を下げている可能性があるのだ。

いや「下げている」わけじゃないか。

ちょっとした努力で生活の質が上がるのに、それを放棄している可能性があるのだ。

靴とアウターを新調してみたら、無印・ユニクロだから安いんだけど、以前より気分良く外出できる。いいじゃないか。

でもね。「じゃあ次は何を買おうか」とファッション誌やWebでオジサン向けのファッション情報を見てみたら引いてしまうんだよな。「20代の女の子にモテるファッション」とかさ。いやいやいや。ありえねーだろ。テーマとして。

普通は20代の女の子は、40オーバーのオッサンとはそもそも関わりたくないわけ。若い子からすると単なる時間の無駄。会社の20代の女の子がオッサンと会話するのは「仕事だから仕方ない」から。ちょっと昔の中国では40代の財をなしたオッサンが20代の女の子と結婚するのは珍しくなかったようだが最近はそうでもないと聞く。ましてやここは少子化の日本。オッサンのファッションのテーマが「20代の女の子にモテる」服とかちょっとあり得ない。

寂しいオッサンが20代の女の子と付き合う妄想から離れられないのは心情として分からんでもないんだけど、ファッションで頑張って若い子とどうこうというのはあまりにもイタい&ズレているのではないか。

僕が求めているのは、ささやかなる生活の質の向上である。

そういう意味ではこのサイトはマシだった。助言がリアルである。

hillpoint.online

オジサンがおしゃれでいることは、簡単であり、難しいことである。

ある程度体型を維持してユニクロ・無印のマネキン買いすればOKなんだよ。でもそれが難しい。変なこだわりが邪魔をする。

よくよく見ればユニクロ・無印のWebサイトのコーデはオジサンが来てもすんなりくるものが多い。気がする。何も考えずに真似をするのがいいのかもしれない。