A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信した一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

酒、この厄介なもの

f:id:scotchandsoda:20200222135120j:plain

風邪から回復してしばらく酒を飲まなかった。飲む気がしなかったからだ。

あまり気合を入れて禁酒してしまうと「禁を破る」快感が生まれてしまう。ほどほどがよろしい。

気負うこともなく、少し残っていた焼酎を炭酸で割って飲んだりした。

歳を取ってくると、酒を飲むメリットが減ってくるように思う。

アルコールに慣れてしまって、そこそこ量を飲まないといい気分にならない。

いい気分になると適量を過ぎてしまう。睡眠の質が下がり、翌朝疲労が残る。頭痛やら胃腸の不調が待っている。若い頃はこんなことはなかった。

それでも、仕事が終わって疲れて帰ると「まあ、軽く一杯飲むか」なんて思ってしまうのだ。アルコールの習慣性は本当に強い。アル中は一生治らない病気だ、というがよく分かる。

酒は百薬の長とか少量の酒なら体に良いとか、逆に少量でも酒は体に悪いとかいう。

そりゃ、裏で酒造会社が金を出してたり、酒好きな学者からは「酒は少量なら体にいい」という研究結果が出るだろうし、酒を憎む研究者だったら「酒は少量でも体に良くない」という結果になるだろう。(そこまで恣意的な実験でもないのかな。知らんけど)。僕は酒飲みだが「酒は少量でも体に悪い」説を支持する。確かに酒が飲める人にとって飲酒はストレス解消にはなる。ほどほどに付き合えれば健康な人生を送れるかもしれない。でもちょっと机上の空論かな。

酒の依存性の高さは本当に強力だ。仕事や人間関係のストレスが強かったり、あるいはもともと「弱い」人間だったり、それこそADHDのように依存性向の強い人間には「適量で抑える」ことは難しい。体力が削られる。徐々に精神的に不安定になる。飲まない方がいいに決まってる

でも、わかっちゃいるけどやめられない。それが酒である。実は本日も焼酎を買ってしまった。その辺のスーパーコンビニで手に入るのも問題だよね。はは。

数年前くらい?にふと思い立って1ヶ月ほど飲まずに過ごしたことがあったが、結局また毎日飲むようになった。酒の依存性は本当に強い。

まあ、今度ばかりは、夜 8:00以降は飲まないとか、休肝日を作るとか、酒とほどほどの付き合いをしたいと思うのだ。

健全な食生活とは何だろう

f:id:scotchandsoda:20200419133448p:plain

意外というか思った通りというか食物繊維を意識して摂るのを止めたら便通が改善した。

「食物繊維を意識して摂らないようにした」わけではなく「意識して摂るのを止めた」のである。大事なところなので2度。

「食物繊維を摂り過ぎると却って便秘になる」説は聞いたことがあった。でも、普段の食事にちょい足しレベルだったら「摂り過ぎ」には当たらないだろう、便秘気味だがまさか食物繊維を摂り過ぎてるわけじゃないだろうと思い込んでいた。他に飲酒とかストレスとかの要素もあったからね。

食物繊維はともかく、普段から野菜、果物、海藻を好んで食べていた。その上さらに芋、寒天、昆布を一品追加したのは間違っていたということだ(水溶性・非水溶性云々も関係なし)。

あとは白米とか白い小麦粉とか砂糖とか、精製された炭水化物は体に良くない説。今まで信じていたが、これも怪しいと思い始めた。(実際、最近あまり聞かないよね)近い話で糖質悪者説も怪しい。極論ではないか。

そりゃ40を超えて牛丼大盛りとかラーメンライスとかチャーハンに白飯ばかり食べてる人には「炭水化物多過ぎじゃないか?タンパク質、食物繊維、ビタミンも取ろうぜ」という忠告が妥当だろうが、青魚とおひたし、味噌汁にご飯は茶碗一杯、デザートにりんごを食べてる人にはそんなアドバイスは不要である。まずまず健全な食生活している人が、さらに白飯を減らし、食物繊維、タンパク質を無理に増やせば下手すりゃ体調不良となる。

変な情報に振り回されず、なんとなくバランスをとりながら腹八分で抑えるのが一番体にいいと確信し始めている。それが難しいんだけどね。

不退転のダイエット決意の直後

風邪ひいた直後はいいんですよ。

脳「風邪治った!体力つけるぞ!ステーキ食いたい!甘いものが欲しい!」

弱った胃腸「落ち着け。まだ俺は弱ってる。消化の良い食事を腹八分で行こう」

脳「くっ!おかゆ で我慢するか!」

翌日「胃が軽い!久しぶりのコーヒーが美味い!我慢してよかった!」

弱ってる胃腸に従ってよかった。人生、これで行こうと思うわけですよ。消化に良いものを腹八分で。

これが病明けの数日間。

ほぼ復活した本日はどうか。

脳「消化の良いものを腹八分。りんご、バナナ、おかゆ。」

復活した胃腸「おいおい!これじゃ全然足りない!肉だ!チョコだ!ナッツだ!煎餅も!もっと!大量に!詰め込め!」

f:id:scotchandsoda:20200414224513p:plain

脳「ええ・・・(困惑)。でもそこまで言うならチョコとナッツを食べるか・・・(うめー!止まらん!!)・・・食べ過ぎた・・・」

翌日「あれ?意外と胃が軽いな。コーヒーも美味い」

風邪直後には絶対の真理だった「消化の良いものを腹八分」ポリシーでは、体調復活後はカロリーが足りないのである。夕方に少しふらついたくらいだ。ちょっと暴食したかな?と思ったらチョコもナッツも消化できた。翌朝もそれなりに快調なのである。

ダイエットの難しさだ。

ダイエットを決意した日の自分と今日の自分は違うのだ。

言い訳っぽいけれど事実。病み上がりの自分と胃腸が健康になった自分は全く別の存在である。

でもまあ、そんなに胃腸が丈夫なわけじゃないから、脂っこいものはできるだけ避けて、腹八分遵守で行こうとは思ってる。大丈夫かな。