読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

サイコパスと倫理観

f:id:scotchandsoda:20161007143129j:plain

(写真は関係なし)

倫理とか道徳とかルールとか社会規範とかに対して、まずはむき出しの敵意を感じてしまう。

ふざけんなよ?ナニサマだ?という感じだ。

ルールを破ることに、快感を感じる。と言っても、過言ではないのである。(ドン引きされても仕方ないと思う。

.

サイコパスらしさ」にはいくつか軸があるらしい。

サイコパスに学ぶ成功法則

サイコパスに学ぶ成功法則

この本のp18,19に亘って、サイコパスの特性が書いてあって、その11番目が「良心の欠如」である。

「良心」というのが誤訳というか、翻訳の難しいところではないか、と原文を読まずに思う。(間違いなく conscious だろうな)

conscious。

aware of and responding to one's surroundings.

having knowledge of something.

だそうだ。(by google

周りの反応に気が付いていること。何かを知っていること。となる。「空気を読んでいる」という訳の方が適切ではないだろうか。逆に、良心という言葉が、英語にあるのか。無いんじゃないか。(ま、いっか。)

とにかく、ルールが大嫌いだ。

後は後付である。「ルールを守ってると非効率的だ」「本末転倒ではないか」などと理論武装する。「絶対にバレない」かつ「バレてもペナルティが少ない」かつ「メリットがある」なら、確実にルールを破る。特に、人を不幸にするルール。そんなルールが多すぎる。ルールに縛られた人が不幸になるルール。破るのが当然ではないか。

こういう思想は、若い人にはオススメしないけどね。(いや、逆におすすめかも?)

「良心の欠如」ではない。あくまで「皆の為にルールを破る」のである。そのために「我が道を行く」のである。

倫理とか道徳とかルールとか社会規範なぞ、クソ喰らえ

なのである。

以上だ!