読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

サイコパス考

f:id:scotchandsoda:20170104143454j:plain

(写真は関係なし)

ある人に「いい性格してるなあ、お前」と言いたいことがあれば、その人はサイコパスかもしれない。

サイコパスは実に「いい性格」なのだ。

人が何と言おうと気にしない。

それこそ、嫌われても、怒られても、何とも思わない。

いや、ホント。

「いい性格」してるから、しばしば嫌われる。怒られる。

何とも思わないのである。

嫌うのも、怒るのも、その人の問題だと思う。

オレ、悪くない。

嫌ったり怒ったりする人の方が、問題があると確信する。きっと人生が不幸なんだろうなあと思う。人を嫌ったり怒っったりするエネルギーがムダなんだから。そんなムダな生き方してたら不幸に違いない。

まあ、子供に対しては、ムダだと思っても真剣に怒るんだけどね。

そうして、自分に対して怒ったり嫌ったりする人に、平然としていると「あの人は実に温厚だ」「大したもんだ」などと評価されるのが面白い。

別に温厚なわけではない。大人物でもない。単に、他者の怒りや嫌悪に無関心なのだ。

リーズナブルな話である。他人が怒ってても、自分を嫌っていたとしてもどうしようもない。好かれようと、嫌われまいとしたって、多分ムダだ。

だったら、放っておくに限る。

当たり前の話である。

と、思っていたら、これはどうやらサイコパス的な発想らしい、と知って感心しているのだ。

道理で、理解されないと思った(「お前は傲慢過ぎる!」と糾弾されたり、あるいは逆にとても人に好かれたりもする)

以上である。