読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

チーズ・チキンサンドイッチ、残り物のゴーヤチャンプルー、キウィ、夏野菜のスープ。

Cheese chicken sandwitches, bitter melon stir-fried with pork and tofu which is yesterday's leftover. Kiwi, Soup of summer vegitables.

f:id:scotchandsoda:20160802202004j:plain

夏の写真の後は夢とか瞑想とか。

After summer photos, abount my dream and meditation, etc.

f:id:scotchandsoda:20160729134910j:plain

f:id:scotchandsoda:20160729134831j:plain

f:id:scotchandsoda:20160729135204j:plain

今朝は幼い妹を連れている、幼い自分の夢を見た。

I dreamt at early morning. I was infant. With my younger sister.

夢というか白昼夢というか、明け方に、半分覚醒しながら、半分寝ながら見るやつである。

It was rather a daydream. At dawn, half asleep, half awake.

夢の中で、幼い自分は「幼い妹の手前、お兄ちゃんとしてしっかりしなければ!」という幼い覚悟を抱いて、妹を連れていた。

In the dream, I was infant. And I was ready for guard my sister as her elder brother.

妹との留守番を任されたとか、共働きだった父母の留守を守った、そんな記憶が強固に残っているに違いない。

Some memory remains in my deep conscious. It should be derived from something like when my parents were away and just my syster and me in home, or when I had to take care of my sister.

兄妹、兄弟、姉弟、姉妹、一人っ子。それぞれ独特の記憶があるのだ。

Elder brother and sister, brothers, elder sister and brother, sisters, one-child. They must have paticular memorys each.

三つ子の魂百まで。という。意外と幼い自分は残っているようだ。

They says "What is learned in the cradle is carried to the grave." Actually, memorys of sister(s) or brother(s) has been affecting your character.

後は瞑想について。

Next, about meditation.

瞑想は「何も考えないようにすること」だと思っていた。

I thought that meditation is not to think, or "Don't think!" that is meditation.

そうでもないらしい。

It seems different.

Spontaneous に、脈絡もなく、ここちよい想念にうとうとする。

Doing meditation with many spontaneous, randam, happy ideas.

これもまた瞑想だし、むしろこの方が脳が休まる、そんな話を聞いた。

It's surely a meditation. Rather better meditation to rest you brain, I heard.

むべなるかな、と思ったのだ。

Reasonable, I think.

Let's 瞑想。

Let's do meditation!