読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

本日の陣容。

f:id:scotchandsoda:20160318070413j:plain

おにぎらずは雑穀米に祖母作成の梅干しに付随した赤ジソを細かく刻んで和えたんに鶏胸肉塩麹漬け焼きを挟んだ。美味いんだな、これが。赤ジソご飯最高だ。

残念ながら、今年は祖母の梅干しが食べられそうにないのである。寄る年波には勝てない模様。人生初の梅干しに取り組む所存である。

サブアイテムは、夕べ作ったエリンギとワカメの炒め物。味付けはなし。塩蔵ワカメそのものであった。極めて地味であった。美味くはないが、不味くはない。他、シラタキ炒め、切り干し大根のハリハリ漬け。

スープジャーは、白菜、ネギ、とり胸肉の味噌汁。美味いわ。最高。洋食は顆粒出汁の素(チキンやらコンソメやら)に依存するが、味噌汁はその必要はない。煮干し粉があればよいのだ。

続きは写真の後。

f:id:scotchandsoda:20160318133134j:plain

f:id:scotchandsoda:20160318133014j:plain

f:id:scotchandsoda:20160318140736j:plain

f:id:scotchandsoda:20160318155518j:plain

f:id:scotchandsoda:20160318155310j:plain

今月初頭から食物繊維マニアとして活動している、その結果をセキララに報告するのである。

1日に2回、便をしがちである。

一度目は団子程度の硬便。二度目が一本勝ち。というパターンが多いように思う。

まあ、確実に改善されている、と。

しかし、いまいち釈然としない感がある。

下痢気味の時は、短期決戦であった。

便意など、数分~10分程度の勝負であった。

キタコレ!

のち、トイレにさっさと辿り着き、即座に決壊。

話が早いのであった。

.

今は、便意?ライクな感覚が、穏やかに、数十分にわたるのである。

何だか、これ、変な感じやなあ。

そして、一本勝ちの時であっても、ワリと時間がかかる。脳梗塞が怖いから(われながらジジイ臭い感覚でorz。でも高脂血症だから仕方ない)、ムリしてイキまないように、ゆったりと腹圧を掛ける。時間がかかるのである。

.

だったら、むしろピーピーだった時の方が楽だったんじゃねーの?

実は、ある意味ではそうなのだが、別の観点からは、そうとも言えぬ。

ピーピーだったときより、慎重に腹圧を掛けてけている今の方が、精神が安定しているのである。

ポジティブである。ワクワクすることが、多くなった気がする。

鬱な気分にも、なり難い気がする。これは極めて重要なことであるから、鬱の季節たる5月に向けて、慎重に観察する予定だ。

ガッツ!などと気合を入れるが、そもそも guts(gutの複数形) とは「はらわた」のことである。

「丹田」などという言葉もある。「へその下」という意味らしい。

「腹が据わる」とか「腹に一物」という慣用句もある。

腹は、極めて大事なのだ、という気がする。

食物繊維を積極的に取ることは、実はQOLを高めようと思った時、極めて有効なのではないか、などと思ったりもするのだ。