A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

おにぎらずにぴったりと思われたガラスの保存容器があったので、ご飯と具(豚生姜焼き)を詰め詰めしてみた。

f:id:scotchandsoda:20160209065154j:plain

調子にのってご飯を詰め過ぎた。ライス大杉。

f:id:scotchandsoda:20160209065415j:plain

ご飯とおかずがまとまって、楽である。これはよい。

f:id:scotchandsoda:20160209070531j:plain

スープは人参、ジャガイモ、タマネギ、ベーコンでユウキの無化調鶏がらスープ。

ユウキ 化学調味料無添加のガラスープ 130g

ユウキ 化学調味料無添加のガラスープ 130g

鉄板の組み合わせ!と思ったら、イマイチ薄かった。スープの素の量が少なかったようだ。ベーコンから塩分と出汁が出るだろうと思って、心もち少な目にしたのだ。300mlのジャーで、いつも小さじ一杯山盛り近く入れている、スプーンが盛り上がるほど入れるか、へこむほどに入れるかで、味が変わってくる。

サーモスのスープジャーの、プラスチックとパッキンには、ベーコンの脂がまとわりついて閉口した。豚小間の時はさほど気にならなかった。豚バラベーコンとは脂の量が違うのか。細かく洗えるタイガーの方が少しはマシかもしれないけれど、五十歩百歩だろうとも思う。

付け合せは鳥もも肉のピリカラケチャップ炒め&ブロッコリー。ブロッコリーは旬が過ぎている模様だ。

豚生姜のレシピはほぼ暗記している。豚200グラムにつき、みりん:醤油:酒:砂糖=大匙1:1:1:0.5&生姜すりおろし1かけ分。タレは事前に和えておく。玉ねぎと肉をフライパンで炒め、火が通ったらタレを投入。中~強火でアルコールを飛ばして仕上げる。(ちょっとコツがあるが書かない。ふっふっふ(大したコツじゃないけど))

鳥ももケチャ炒めのレシピは以下を参照した。

つくおき 週末まとめて作り置きレシピ (美人時間ブック)

つくおき 週末まとめて作り置きレシピ (美人時間ブック)

ミリンのアルコール分が飛びきらなくてアルコール臭がしたため、家族には食べてもらえなかった。やはり思ったより地味に仕上がった。もう少し美味くなるはずだという直感がある。もう一度作ってみよう。

.

ADHD的ランチ。

最近、おにぎらずとスープジャーを持って会社に行って、手早くブランチを取っている。

胆汁下痢とはおさらばである。素晴らしい。人生が変わった。

もう一つ、変わったことがある。

それは、夜に弁当の準備を始めたことによって、夜に泥酔することが少なくなったのである。

夜の時間を有効に利用できてる感もあって、素晴らしいと自画自賛するのだ。

もう一つ、地味に変わったこと。

夜に泥酔してないから、「ブログでも更新するか」という余裕が出て来る。だから、ワリと更新頻度が高いと思う。そしてブログを更新するから、写真もよく撮るようになる。写真を撮ると楽しいから、これは相乗効果である。レバレッジである。(レバレッジ。「貧した鈍者を煽る系」キャッチコピーである)

とにかく良い方向に向かっていると思う。

続きは写真の後で。

R0001490

R0001493

R0001500

R0001514

R0001517

R0001527

R0001530

久しぶりに弁当を食べて気が付いたこと。

やっぱ、ADHDの独り飯、落ち着かないわー。

いかんなー、下品だなー、と思いつつ、タブレットをこすりながら食べている。

独り暮らししてた時も、ラジオ聞きながら、テレビ見ながら、PC触りながら食べていたような気がする。

まあ、仕方ないと諦めるのである。定型脳(恐らくは)も、スマホランチしてるしな。ハハハ。とはいいつつADHD持ちながらも、静かに集中して食べている人は、素敵だと思うのである。