A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

春のカメラ散歩

これは5月の撮り貯め分。

この日の散歩の〆が、チーズとポッキーとビールである。500円くらいか。

f:id:scotchandsoda:20151108173416j:plain

貧乏学生じゃないんだから。
とはいえチューハイ or 発泡酒じゃないだけマシか。
つーか、そういう問題でもないよな。
「ちょっと奢ってビール。発泡酒じゃなくて」という発想自体、どうよ。家飲みならともかく、長距離散歩というそれなりのイベントに於いて?
チーズ、ポッキー、ビール。確かにワンコインでおつりがくるかもしれない。でも、いい年したオッサンが、公園でお菓子とビールってどうよ?

1,000円払えば中華料理屋で餃子にビールで(ギリギリ)おつりがくるだろう。
2,000円払えば蕎麦屋で飲めるぜ。

この写真を見て、金の使い方を誤ってはイカン。と反省し、心したのである。

f:id:scotchandsoda:20151108173356j:plain

どこを歩いたっけ?と思い出してみたら、どうやら練馬から新宿に歩いたような気がする。10キロくらいか。

地味な写真だなあと思う。ということは、撮影した自分も「地味だなあ」と思っていたはずだ。

f:id:scotchandsoda:20151108173403j:plain

そんなことより金の使い方に話を戻す。

f:id:scotchandsoda:20151108173409j:plain

どこに金を使うか。

自分が変われる使い方がベストではないかと思う。

すなわち「投資」である。

f:id:scotchandsoda:20151108173412j:plain

散歩の〆に公園でビールを飲むべきではなかった、という話の流れから「自分への投資」まで飛躍してしまった。

話を戻そう。

果たしてあの時、コンビニでビール買って公園で飲むのが正解だったのか。
あるいは、中華料理屋で餃子とビールで〆るべきであったのか。

それは誰にも分かるまい。

私が公園ビールを選んだのは、それが最も「自分が傷つかない」選択だったからである。

「こんなんで、いいんですよ」

とか思っていたのである。

「いや、それでいいのか?!」と、当時のわたしに問いたい。

と一瞬思ったものの、「ま、それでいいですかね」と思う自分もいる。

しょせん餃子で一杯。蕎麦屋で一杯。

孤独はいや増すばかり、となるかもしれないではないか。

何が正解なんですかね。

傷つくのを恐れていては、どこへも進めない。

でも、無駄に傷ついても(しかも金払って!)しゃーない。

などと、一枚の写真から、自分の人生を振り返り、反省してしまったのだ。

ランチや昼酒時の葛藤は、かくも深いのである。

・・・

でもまあ、考えてみれば、練馬~新宿の独りカメラ散歩を選んだ時点で、負けているような気がするよな。

本投稿も論旨不明確だが、酒のせいであることを付け加えておく。以上。