A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

ビールのCMに関する考察(写真は中野坂上から中野あたり)

最近、EXILE TRIBE出演のサントリーモルツのCMが、スーパードライをDisっているという「あからさマーケティング」が一瞬新聞をにぎわせたが、それより気になったのが、サントリーがビールの宣伝にEXILEを選んだことだった。

ということは、サントリーはモルツを売るべき主要ターゲットを、マイルドヤンキーに絞っているということか。

f:id:scotchandsoda:20150912193412j:plain

なるほど、と思うと同時に、そんなもんかねえ。と感心したのである。

考えてみれば、プレモルはYazawaだから、サントリーの戦略はここに来て見事に首尾一貫する。

f:id:scotchandsoda:20150912193417j:plain

モルツはマイルドヤンキー。プレモルは、金持ってるかつてのマイルドヤンキー&バブル真っ只中世代。

売りやすいんかいな。などと思う。むしろマイルドヤンキーにはチューハイの方が売れそうな気もするが。ビールは違うんじゃないか。

ま、いいや。

f:id:scotchandsoda:20150912193426j:plain

例えばKIRINの「のどごし生」はFeat. 半沢直樹である。第三のビールを売るターゲットとして、上司や会社を恨む"うだつ"の上がらない層を想定しているのだろう。そりゃそうだよな、という気がしてしまう。上司の悪口を言いながら「いつかはオレも倍返し」などと第三のビールを飲むわけだ。

あざといまでのターゲティングである。

f:id:scotchandsoda:20150912193430j:plain

ま、オレも基本的に第三のビール飲んでるけどね。特売ローテーションで。

一番搾りは役所広司。何となく安定感と「やっぱ美味いよね」というメッセージを感じさせる。

黒ラベルは「大人の階段登る」的なCMで、作品としては悪くないのだが「売ったるで」訴求力には欠けているような気がしないでもないのは、やはりサッポロだからか。(ちなみに個人的にサッポロは好きだ。店で飲むとしたら赤星かハートランド。次点黒ラベル。次がラガーか一番搾り)

わけが分からないのがドライ。福山さん押しまくりだ。意味が分からない。スーパードライのターゲットは4~50代の女性なのか?違うだろ?

と素人としても違和感を感じつつ、それでも売れているから、やっぱりマーケティングってあんまり関係ないのかな?とか思う。