読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

GRとテクスチャ

GR カメラ

GRD3とGRの違いはテクスチャである。

GRD3と比べると、GRの質感は随分濃密だ。「ざらつき」すら感じられる。

その違いは、空気感にも影響する。

GRを使えば、色とテクスチャだけの作品も可能だ。GRムックにある、菅原一剛氏の「津軽の青」スナップ群のように。

RICOH GR パーフェクトガイド (インプレスムック DCM MOOK)

RICOH GR パーフェクトガイド (インプレスムック DCM MOOK)

  • 作者: 森山大道,菅原一剛,川内倫子,小林紀晴,岡嶋和幸,ハービー・山口,大和田良,田中希美男
  • 出版社/メーカー: インプレスジャパン
  • 発売日: 2013/08/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (1件) を見る

やはりAPSセンサーのパワーである。以下1024x678にリサイズしているが、それでもGRD3と少し違う気がする。

f:id:scotchandsoda:20150828183844j:plain
(等倍クロップ 【Pモード F2.8 1/60 ISO 1600 -0.3補正】) f:id:scotchandsoda:20150828183852j:plain

ちなみにGRD3でのISO 800レベルの画像がISO 3200で得られるが、絞り解放がF2.8になったこと、ならびにAPSセンサー採用により手ブレにシビアになったがために、あまりその恩恵は感じられない。

f:id:scotchandsoda:20150828183858j:plain
(同 1/50 ブレた../orz)
f:id:scotchandsoda:20150828183902j:plain

それにしてもこのテクスチャ。

f:id:scotchandsoda:20150828183905j:plain
(同 1/60)
f:id:scotchandsoda:20150828183910j:plain

構図やラインばかりではない。微妙な染みや模様を写し撮れるGRは、やはり街歩きに最適だと思うのである。