A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

チートなレンズ(あるいはカメラ)

「レンズに5万は出せないな」と思って生きているから、

ズルいよな・・・

と思うレンズがある。

やはりライカ。特に50mm。これはズルいっすよ。

50mmったら、安くて良いレンズが一杯出ているのに、なぜかライカは別格ですよ。

ライカで撮ったと言われると、ほほう。などと身構えてしまうし、実際「なんかライカって少し違うんだよね(悔しいけど)」と思って鑑賞してしまう。

.

後はメーカー純正超広角レンズ or 超望遠レンズ。

そりゃないよな。(値段的な意味で)

巨大構築物を超広角で捉える。

あるいはカワセミの捕食シーンを、超望遠でとらえる。

いずれも印象的なシーンである。

でも・・・

まず、金を出さないと、撮れないじゃねーか。(当たり前だけどね)

あ。間に合ってます(ウソ) f:id:scotchandsoda:20150823155137j:plain

とは言いつつ、ライカの50mmはまだ我慢できる。

Nikonの安い短焦点50mmが、結構いい感じだからだ。
ふん。こちとら中古で一万台でこの品質だぜ。レンズとボディで十万出せねえっつーの!(怒)

GR 47mmクロップも、何気ないドーナツのアップがワリといい感じ。 f:id:scotchandsoda:20150822133002j:plain

超広角、超望遠には、まあ太刀打ちできませんな。

その金を払う気が最初からない。すなわち同じ土俵に乗ってない。

だから、ズルイよなあ。とは思いつつ、実は、嫉妬もしていない。素直に、すげぇなあ。いいよなあ。と思う。

祖母宅二階からナニゲ撮影。 f:id:scotchandsoda:20150822140324j:plain

撮っただけでそれなりに味が出てしまうモノ。

「ライカや『名玉』と呼ばれるレンズを(金を積んで買ってみました)撮ってみました」というサイトを見て、「うわ!隅々まで歪みがない。しかもピントはカリカリ・・・チートだぜ(ため息」と思いつつも、いまいち地味なNikonの28mm, 35mm, 50mm短焦点、TAMRON、SIGMAのマクロやズームを購入して、それなりに楽しんできた私であるが、GRを使ってみたら、これって結構チートなカメラだぜ?などと思っている。

自分か妹が使用していた滑り台。記憶にない・・・ f:id:scotchandsoda:20150822140445j:plain

GRD3と比べるとピント合わせに神経を使うが、ピントと構図さえ決まってしまえば、わりと何気ないショットでも、それなりに様になるのだ。

GRって実は結構ズルイカメラじゃないの?などと思って、今でもニヤニヤしているのである。