読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

ADHDの思考パティーン

f:id:scotchandsoda:20150730201027p:plain

ADHDは本質を見抜く能力があると思っていた。

論理的思考よりも直感に忠実。

思ったらすぐ発言。

「それって、本末転倒じゃないですかね」

「何でall or nothingなんですかね。他の手がいくらでもあるでしょうが」

.

ADHD持ち疑惑と仕事をしていると、どうもそうでもないな、と思い始めている。

やたら細かいことに気が付く。

そして、それに固執する。

本質とはかけ離れた議論を、しつこく繰り返す。しかも頑固である。

.

「本質を見抜くADHD」と「枝葉末節に囚われてしまうADHD」

.

何が違うのだろう。

f:id:scotchandsoda:20150730201038p:plain

ADHD持ちは、思考があちこちに飛ぶ。

飛んだ結果、どうするか。そこに「本質を見抜くADHD」と「枝葉末節に囚われてしまうADHD」の分岐点があるように思う。

f:id:scotchandsoda:20150730201129p:plain

あれこれ思いつく。それぞれにいちいち「アタマ」が「カッカ」する。均等に過集中する。全てにいちいちこだわる。しかも感情的に。

これすなわち「枝葉末節ADHD」の出来あがりである。

あれこれ思いつく。それぞれにいちいち「アタマ」が「カッカ」する。ここで一旦自分を客観的に眺める。どうして自分がそこに拘るのか。本来の目的は何か。費用対効果はどうか。あれやこれやの思いつきを整理して、並び替え、さらに「あるべきはどうか」と考える。

「本質を見抜くADHD」の出来あがりである。

f:id:scotchandsoda:20150730201139p:plain

「反省」が大事なのだ。

といっても「オレ悪かった」という反省ではない。

反対側から、自分を省みるのである。

定型脳の立場で、自分を眺める。
(これが難しい。私も未だ発展途上である)

「自分が、下らないことに囚われていないか」

あるいは逆に

「周囲の定型脳が、下らないことに囚われていないか」

頭の回転が速く、いろいろ思いつくのがADHDの特性だ。

ポジティブな方面に持って行くのも、難しくはないと思うのだ。