読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

逆ちゃぶ台返し(?)

地味に"はてブロ"の編集画面が進化している件。

6月以降、鬱から回復しているからか、更新意欲が少ない。

ADHDについて書くのも飽きたし、マネタイズするのも諦め気味だし、ブログもリセットするかなあ。などと思って、だとすれば、いっそ"はてブロ"からblogger辺りに乗り換えるか?とも思ってみたが、もう少し続けてみることにした。

.

夏は精神が安定している。

確かにADHD症状は続いている。

でも自己嫌悪が少ない。

気温が高いからか、下半身の冷えも少ない。すなわち胃腸が安定しているのだ。

.

思い返してみれば、学生時代も夏休みは孤独ながらも暑苦しくも、幸せな期間だった。

夏休み。

勉強もせず、ちょっとだけアルバイトして、京都の盆地で熱さに参りながら、喫茶店で軽食を食べ、コーヒーを飲み、タバコを吸って、ゲームセンターで時間をつぶし、下宿に戻ってビールを飲んで、やるせなく過ごしたものだ。金は無くなり、親に無心せざるを得ない(親は送金しつつも実家で過ごせと思う)。孤独な1K6畳の独り暮らしである。

ダメダメな学生である。でも、ある意味正解ではないか。今でも懐かしく、切なく、心温まる思い出なんだから。

ちゃぶ台返し!」はブチ切れやすいADHDの得意技だが、ポジティブ方面にちゃぶ台返しするなら、いいことではないかと思うのである。というか、ネガティブ方面のちゃぶ台返しすなわち人間関係の豚切り、後先を考えない離職・転職、「もう別れよう。私たち付き合うべきじゃなかった」的な発想に惹かれても、冷静に考えた方がいいと思うのだ。ADHD持ちだったら。

(相手がDV加害者だったら話は変わってくるけれど)