読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

問題はフィルムスキャン

カメラ コーヒー現像 ADHDと趣味

自分で現像すると安いとはいえ、やはり一枚当たりのコストはデジカメの比ではない。

デジカメは何枚撮ってもほぼ0円。

一方でフィルムカメラ。フィルム代、現像用品代で一枚当たりざっくり二十円弱はかかる。

たかが二十円、されど二十円である。一枚一枚金がかかっているのだ。真剣勝負なのだ。だからこそフィルムカメラは楽しいのだ。

しかし、撮った後が問題である。やっぱり自分のブログの素材として使いたい。デジタル化しなければ撮った意味がない(言い切る)。

.

まず検討したのがフィルムスキャナ。

一万ほどで手に入る。安かろう悪かろうだろうなあ。でもまあ、一万なら割り切れるか?などと調べてみると「遅い」「画質悪い」という評判が聞こえてくる。

次に耳に入ったのがデジタルデュープである。

ズバリこれ。

Nikon スライドコピーアダプター ES-1

Nikon スライドコピーアダプター ES-1

フィルムを撮影してしまうのだ。

昔から安価なフィルムtoフィルムのコピー手段として使われていたらしい。

フィルム2デジタルもかなりイケるとの評判である。大量にスキャンするのではなく、気に入った写真をいくつかデジタル化するには最適だろう。

ただしフルサイズ換算60mm程度の1:1マクロレンズが必要となる。

Nikon 単焦点マイクロレンズ AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G ニコンDXフォーマット専用

Nikon 単焦点マイクロレンズ AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G ニコンDXフォーマット専用

Nikon DXフォーマット(APS)40mmはフルサイズ換算60mm。

マイクロフォーサーズに着ければ80mmマクロ。ポートレートにもマクロにも使いでのある画角だ。

新品で3万を切ってくる。

う~む。買っちまうか??と悩んだが、ぐっとこらえた。

フィルム現像で結構お金を使ってしまっている。このままなし崩しで3万の出費はキツイぞ。
ADHDらしからぬ理性的判断!)

あと4,5年すれば、中古で一万円台に入ってくる予感もする。
ADHDらしからぬ長期的視野!)

ということで、結局大昔に買ったタムロン90mmマクロ(APS換算135mm)でフィルムを撮影しているのだ。

f:id:scotchandsoda:20150630205018j:plain

まあまあの結果が得られていて、それなりに満足である。

f:id:scotchandsoda:20150711084259j:plain

飽きっぽいADHD持ちとして「最初にそれなりの初期投資をして自分にプレッシャーをかけて、継続を試みる」という方法論がある。モチベーションは高まるが、失敗した場合の自己嫌悪がヒドいというもろ刃の剣である。

今回は「飽きることを見越してなるべく安く楽しむ」という路線で行ってみたところ、功を奏しているようである。

フィルム撮影。いつ飽きるだろうか、というADHD的懐疑もありつつ、今のところは飽きずに楽しんでいる。

ちなみにデジタルフィルム問わず撮影枚数は激減した模様。

現在はデジカメとフィルムカメラ共生を模索中だ。これはこれで面白い課題なのである。