読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

ADHDとアスペルガー その4

ADHDとASD

それなりに衝撃的であった。

妻と上の子がアスペだったとは。

ストンと腑に落ちるんだけどね。なるほど、と。

.

表面的にはAD(H)Dの的な症状が分かりやすく出ている。

違和感はあったが会話が成立するからアスペルガーとは思わなかった。典型アスペルガーとは会話が成立しにくいことは、経験上思い知っているのだ。

.

多分「典型アスペ」というのは極端な"現れ"なのだろう。

グレーゾーンをカバーすると、結構広くなるのだ。

ASD=自閉症スペクトラムとは、適切な言葉だと思う。アスペルガーは極端すぎる。

P4101131_R

思えば、アスペの人のブログを読んで自分はADHDだということに気が付いたわけだし、アスペの人の独白には共感と同情を禁じ得なかった。

「これほど共感してしまうとは、オレはアスペか?」という疑問が浮かんだほどだ。

その後、いろいろ考えてみて「いや、オレはアスペじゃない」という結論に至ったものの、いささかの留保はあったように思う。

その「ざらっとした」留保を突き詰めて考えてみて「ADHDとアスペは違う」という結論を引き出し、主張していたが、間違っていたわけだ。何となく納得してしまう。

P4101135_R

例えば村上春樹

エッセーを読む限りADHD要素が強いと思うが、中華料理や羊肉を徹底的に嫌うところや、人間関係に苦しんでいるあたり、アスペ要素も感じられる。(日本でのしがらみに居た堪れなくなって海外に移住した旨を「村上さんのところ」で読んだ記憶。ADHDはワリと社交的であっておかしくない)

P4101137_R

かくいう私も触覚に関してはちょっと普通じゃないこだわりがある。

スヌーピーのライナスの「安心毛布」な物を、40を越えた今も使っているのだwwww(ヤッパ変だよな・・・)

そう考えてみると「ADHDとアスペは別物(キッパリ」などとついこの間まで主張していたものの、グレーゾーンを拾ってみると、ADHDとアスペって結構重なるんじゃね?などと考え直したりしてみる昨今なのである。

参ったね。