A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

ADHDとアスペルガー その2

上の子がADHDとアスペを併発しているようだ。

気が付いたのは妻である。その手の書籍を上の子にも見せて「あるある」「これこれ」と二人で盛り上がったらしい。診断を受けたわけではないがまず間違いないだろう。

「典型的なアスペ」ではないものの、どうやらアスペにもいろいろあるようで、何かと「ある種のアスペ」に該当するらしい。

P4101112_R

ADHDは間違いない。多動がある。忘れ物が多い。片付けができない

マイペースでふてぶてしいところは、自分にそっくりだと思っていた。

その気になれば空気も読めるし人の気持ちも分かる。

P4101113_R

どこか「閉じた」ところはあると思っていたが(確かにそう思ってはいたのだ!)、自閉症まで行かない。すなわちアスペではない。と思っていた。

今思えば「ADHDだけじゃ説明が付かない」という違和感はあった。

妙なこだわりが強い。

嫌いな食べ物はとことん嫌い。

変化を好まない。

外出を好まない。

多人数でワイワイするのが苦手。

チャレンジしない。

なぜか地獄耳。

どうやら人の気持ちは分かるようだが、人の気持ちに「すんなり寄り添う」とか「日常の感覚を共有する」とか「その場のノリに合わせる」ことは出来ない。

ADHD(かつふてぶてしい)自分も「ちょっと度を超してるんじゃないか」と思ってしまうほどの「空気読まない発言」。

同「人の話を聞かない態度」。

ADHDじゃないよな。個性かな。と思っていたらアスペ性向だってさ。

P4101115_R

なるほどね。である。

P4101118_R

とにかく早めに分かって良かったと思っている。

怒ってもムダだから、冷静に対処しなければ、と思うし。

妻曰く「ダメな男に引っ掛けられる可能性が高い」「性的な被害を受けやすい」とのことで、その辺りはしっかり伝えてもらいたいし。

世の中いろいろあるものだと感心する。

ADHDやらアスペやら人格障害やらいろいろあるが、先入観を持ってはいかんなあ。と心したのである。