A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

2週間ほど前。
雨の夜に撮影。

P4010760

P4010762

P4010769

P4010777

P4010792

P4010795

.

今週も無事に週末を迎える。

長いような短いような一週間だった。

.

ADHDは、定型脳者と比べてマルチタスクに強いと思う。

とはいえ、「ADHDマルチタスクに有利」な状況は限定的である。

完成度はともかく、多くのタスクをやっつける。

そんな仕事であればADHDは向いている。

.

ADHD者は、あれこれ「パッ!」とひらめく。そしてどれも完成度5~8割で投げ出す。

定型脳者は、何であれじっくり取り組むことができる、時間をかけて完成度9割以上を目指す。

アスペ者は、とにかく囚われる。無限に完成を追い求め、閉じこもる。

.

ADHD者はリーダーに向いているのだ。

定型脳者が(何かにじっくり取り組んでいる間に)見落とすことを、
アスペ者が(何かに囚われて凝固している間に)スルーすることを、
ADHD者はキョロキョロしながらもいろいろと拾い上げる。

リーダーであれば、それをメンバーに振ってしまって、権限移譲して、テキトーにフォローすればよい。ADHD者に向いている所以である。

問題は、ADHD者はリーダーになる前にワリと人間関係に脱落してしまうことだ。

人間関係の網の目を、安定してサヴァイヴすることは、ADHD者は困難なのである。

ADHD者の本質的な問題だから、致命的なようではあるものの、結構努力で何とかなるかしんないエリアでもあると思うのだ。