読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

雑草その2(除くヒトリシズカ)とか運動とか

ヒメオドリコソウ ホトケノザ ハコベ ナズナ キュウリグサ ヒトリシズカ カラスノエンドウ ハナニラ ADHDと運動 SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO TAMRON SP AF 90mm F2.8 MACRO

先日、仕事帰りに、結構な時間を歩きまわる機会があった。

022

1時間半ほどウロウロしただろうか。

といっても電車での移動もあったし、店内をブラブラ、ということもあった。

道のりとしては、10キロも歩いてないとは思う。

019

しかし、結構疲れた。

015

疲れたが、いい感じの疲労であった。

014

帰宅してからの酒も美味かったし、夕食も美味かった。

しかも、酒も食事も腹八、九分で抑えることもできた。

ADHDの脳内発火が、いい感じで収まった気がしたのである。

010

気分に合った音楽を聴くと、脳内花火が収まることはある。

でも気分に合った音楽を見つけるのが難しい。何を聴いても心に響かないことがある。

024

適度な運動によって体を追い込んだ後の疲労は、確実にADHDをなだめてくれると思えたのである。

004

自分に関して言えば、ウォーキングが体質に合っているようだ。

013

歩いている途中、既に脳内発火が抑えられている。

フラッシュバックが起きないのである。

正確には「フラッシュバックが深刻なレベルまで行かない」ということになろうか。

009

ADHDのポジティブな面であるところの、アイデアの噴出は止まらないのがありがたい。

026

昨夜の睡眠の質も良かったのだ。

運動って鬱にいいよな。などと今更ながら思ったのである。

.

かといって、ジョギングではダメなことが分かっている。

自転車は一見向いてそうだが、ADHD持ちとしては人一倍交通事故に気を付けなければならないから、無心になることができない。

球技、チームプレーは勘弁してほしい。

自分に向いた運動をして、時折でも体を追い込むことは、ADHD持ちに取っては良いことだと確信したのである。

普段デスクワークで運動不足になりがちだしな。うむ。