A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

ADHDはモテる!

敢えて、逆張りで。

P3190312

ADHDは、モテる!!

P3210341

魅力的である!!

P3210350

・・・ただし万人受けはしない。

P3210343

・・・しかし、TAMRONの花撮りマクロは優秀だなあ(ため息)・・・

それはそれとして。

.

自己愛は大事である。

ことに、ADHD持ちにとっては。

定型脳者で「自分が好き」という人は、それだけで人生かなり有利である。

ADHD持ちが「自分が好き」だったら、ほとんど無敵ではないか。そんな風に思う。

人生楽しくて仕方がないはずだ。

そこで、追い風ですよ。

ADHDはモテる。人気がある。

嫌われることもあるさ。だって、定型脳者に迷惑をかけて、傷つけて生きているんだからな。

でも、ADHD者が周囲に気を使って生きていると、かなり評価されるのである。

モテるのである。

まあ、こういうことをここで書くのもなんだが、経験上、年上のオッサンから、結構モテる。別にホモではない。私もオッサンも。

一回り年下の女の子からもモテることがある。(それ以上年下はもう「モテる」とか「モテない」とかいう範疇にない)

(もちろん、モテないこともおおいけどな)

自分でも、半周り年下のADHD疑惑の人を見ていると、男であれ女であれカワイイと思うのだ。マジで。可愛くて仕方がないのである。

今、一緒に働いている35前後のADHD疑惑オニイサンが、カワイイのよ。いやあ。この落ち着きのなさ。上手く言えないが定型脳者とは次元の違う違和感。オノマトペで表現すれば"キョトキョト"であり"ぎょろぎょろ"であり"素っ頓狂"(オノマトペじゃないか)であり、・・・、とにかくズレている。しかし、適材適所、上手くハマればいい仕事をする。

ADHD持ちの他人を眺めていると、結構イケてるぜ。捨てたもんじゃないぜ。と思うのだ。