A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

TAMRON花撮りマクロ試し撮り

ADHDの調子は悪くない。

去年は酷かった。主に仕事のストレスが原因である。しかも、アスペ疑惑者に振り回された故の、ストレスであった。アスペ疑惑者と対峙した結果、自分のADHDが見えてきたのであった。

ひたすら細かい所にこだわるアスペと、「細かいこたーどうでもいーんだよ」と(自分の興味のないエリアには)すぐ飽きてしまうADHD

こと「過集中」に関して言えば、表面的には同じ症状は観察されるのだが、やはり別物だと思うのである。

例えば、ADHDの過集中は「独り言」&「突然立ち上がってブツブツ歩き出す」感じだが、アスペの過集中は「脇目も振らず」「ひたすら眉をひそめてじっとしている」感じがする。過集中といっても、種類が違うのだ。

個人的には「ADHD的なアスペ」とか「アスペ的なADHD」は、あり得ないと思う。「ADHDですが、アスペも少し入ってますね」などという医者を、わたしは信用しない。

必ず、どちらかに属すと思うのだ。

空気の読めな過ぎるADHDか、落ち着きのないアスペか。

ADHDとアスペを併発している」とは雑な診断ではないのか。と個人的には思っている。(とはいえ、そういう人と出会って考えを改めることがあるやもしれぬ)

.

さてさて、閑話休題

レンズ語りである。

15年ほど前、まだまだフィルムカメラが現役だった時代に購入したTAMRON SP AF 90mmマクロ。当時は、そのコスパの良さから、俗に「TAMRONの花撮りマクロ」と呼ばれていた。

それがマウントアダプタ経由でE-P1に装着できるのだから面白い。

ひっさし振りにいろいろ撮ってみた。

アセビ f:id:scotchandsoda:20150318131358j:plain

ホトケノザ f:id:scotchandsoda:20150318131626j:plain

ミズキ(ヒュウガミズキ?) f:id:scotchandsoda:20150318131950j:plain

ツクシ f:id:scotchandsoda:20150318135633j:plain

ライオン f:id:scotchandsoda:20150318140115j:plain

90mmだから、E-P1 M3/4(マイクロフォーサーズ)に装着したら、35mm換算で180mmになる。

望遠であり、マクロでもある。

ポートレートもイケるし、花撮りももちろんOK。

結構使いどころのある画角&レンズだと感心したのである。

まだまだ撮るぞ~