A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

ubiyさんへのご返答

(書いているうちにワリと力作になったので、通常のブログ投稿での御返答とさせて頂きました。)

ubiyさん、初めまして。

ITコンサルタント的な仕事とADHDの適正はどう思われますか?

ADHDとITコンサルは向いてると思います。それも、細かい機器構成を検討・提案する系ではなく、経営の視点で本質を攻める系のコンサルです。

前者をITコンサルと称する会社もあるようですが、実態は営業補佐です。営業に近い現場はADHDには向いてます。でも、機器構成の相性を調べたりケーブルの本数をカウントするのは、よほど好きでなければ、ADHDには向いてません。

後者はいわゆるコンサルで、よく知りませんが大手だとアクセンチュアがそんなイメージです(昔のイメージなので責任持てませんが・・・)。

フリーのITコンサルタントへの道を目指そうかと思っています。

フリーのITコンサルといっても、事務所を作ってビラをまけば仕事が来るというものではありませんから、まずは大手に入って顧客・同業者に多くの人脈を作って、そこから仕事を貰えるようになって、ようやく独立できるのではないでしょうか。

ベンチャー企業であれば若くてもITコンサルとしてやってるところはあるかもしれません。運が良ければ大手より濃い人脈が作れるかも。でも、ツテもなく自分からベンチャー企業に飛び込んでもリスクしかありません。むしろベンチャー企業から「来てくれ」と言われるスキルと人脈を身に付ける方向で努力した方が無難です。

中小企業診断士等を取って・・・

ADHDと資格はあまりそぐわない気がします。(飽きっぽい心変わりしやすい継続しない・・・)勉強することはいいことです。後で継続できなかったことに自己嫌悪に陥らないようにして下さい。個人的には中小企業診断士は独占業務もないわりに比較的難易度も高く、どうなの?という印象です。実は今手元にある、好きなこと、得意なことを、お金をかけずに向上させることを探してみてはいかがでしょう。個人的には、好きなこと、得意なことに、お金よりも時間を掛けることが、リターンが最も多いと思っています。客観的なアウトプットが必須ですけどね。

仕事で苦労しており(略)今後のキャリアに不安も大きい

大手SIerであれば、このまま上のパスを目指すという手もあると思います。

というのも、大手SIerのリーダー・PMになれば、細かい作業は全部後輩・協力会社に振って、顧客との交渉や大きな判断をするのが仕事になるからです。顧客やメンバーとの交渉、枝葉末節ではなく本質や全体を扱うこと、多くのタスクを管理して優先度を付け、人に振る仕事はADHDに向いています。(ADHD持ち自身が多くのタスクを抱えると、全て中途半端になりますけどww)

もう一つ、ADHD持ちは、長所ではなく欠点を見てくる上司の下では、社会人数年目までは必ず苦労します。ADHD持ちが必ず通る道です。私もいじめられました。自分なりの仕事の方法論(それこそミスをしないためのチェックリスト、TODOリストの作成、交渉法)・前向きな思考法(打たれ強くなること等)を見に着けて、苦難の時をしのいでください。合わない上司の下やチームで働くことはストレスフルではありますが、そこで見つけた方法論は、これからの人生に必ず役に立ちます。

プログラミングが得意ではないとのお話ですが、ubiyさんのプログラミングにケチをつける人がいるということでしょうか?とすれば、そんなの相手にする必要はありません。私が知ってる優れたエンジニアは、人のコードが多少ショボくてもダメ出しはしません。黙って他山の石とするだけです。人のコードにケチをつけて時間を潰しているエンジニアは、ダメなエンジニアです。プログラミングは論理的な文章を書くことと同じです。粛々とこなしていればよいのです。プログラムを書いたという経験は、必ず将来役に立ちます。

衝動的な発言について。思うに、会議での(ADHD持ちの)衝動的な発言を嫌がる人は、あまり会議のハンドリングが上手ではない人です。有能なファシリテータは、衝動的な発言を華麗にスルーしたり、あるいはそこから別視点での問題点を引き出したり、上手く利用しますし、衝動的な発言をする人を却って重用するものです。

会議のハンドリングが下手な上司や先輩が仕切る会議では、ADHD持ちはいっそ貝のように黙っていた方がよいでしょう。これも処世術です。何年かすれば、ubiyさんが会議を仕切る立場になるでしょうから、そうなったらガンガン発言して、会議を振り回せばよいです。ADHD持ちとしては、発言はあちこち飛んでも、最後に本質をビシッと捉えて、会議を締めたいところですね。

以上、好き勝手に書いてしまいましたが、少しでも心に届くところがあれば幸いです。

SandS (with ADHD) 拝