A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

ADHDと自己イメージ

日曜は昼間っから飲んで、8時頃に昏倒し、夜中に目が覚めた。

頭痛などの二日酔い症状こそないものの、喉は乾くわ自己嫌悪するわで、睡眠の質が悪い。

気にせずに眠ったのである。

はしゃいで自己嫌悪といったって、周りの人は気にしてやしない。どころか、むしろ「羽目を外した非カミングアウトADHD者」に好感を持っていることすらある。とポジティブに考えつつ。

朝6時頃目が覚めた。10時間近く横になったが、普段よりも疲れた目覚めであった。

ADHDを持っていると、ちょっとしたことで自己嫌悪に陥る。羽目を外すと後で後悔がキツいのである。

それにもめげず、タフに生きなければならない!ADHD者は!と力強く断言するのだ。

「自分を愛してもええんやで?」とまあ、気持ち悪いような感じもするが、自己を卑下したり、自己嫌悪に陥ったり、ちょっとしたことでどんどん落ち込んでしまうADHDには、言い聞かせてやってもええんやで?と思う。

自分を傷つける必要はないのだ。と書いてみて気が付いたが、ADHD者のフラッシュバックは無意識の自傷行為であろう。何でまたそんな面倒臭いことをするのか。ただでさえ面倒臭い暮らしを送っているのに。

フラッシュバックがしつこいから普段の言動に気を付けるようにはしていて、40になって失敗は減ってきたが、それにしてもフラッシュバックが痛すぎて、到底メリットがあるとは思えないと思うのである。もう少し気楽に生きたい。気楽に眠りたい。

まあ、仕方ないんだよな。

以上。