A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

GRは構築物が強い気がする &仕事関係独り言

GR DⅢで自然的なもの(?)を"トリアエズ、ナントナク撮ル"と、何となく歪曲が目立つ感じがしてしまう。

"トリアエズ、ナントナク"というのがいかんのだろう。ちゃんと計算して取ると面白い写真が撮れるのだから。

その辺は反省すべきだが、GR DⅢで"トリアエズ、ナントナク"撮ってもわりと様になるのが構築物である。

何だか変な奥行きと変な直線。キリコの絵のような超リアリズム的な?描画である。

ちなみに構築物は会計上の勘定科目である。駐車場とか屋根とか、そういうものを指すらしい。ってどうでもいいか。

現行のGR(APSセンサー!)で撮るとどうなるのか。考えてるだけでワリと
+   +
  ∧_∧ ∩ +
 (0゚´∀`)彡  wktk!wktk!
 (0゚∪⊂彡 +
 と__)__) +
するのだが、先立つものがないから我慢するほかはないのだ。

そんなところで、と終了にしたいのだが酔った勢いで仕事関係のことなど。

.

ある面についていえば、以前から予測していた通りになっている。

すなわち、現場が高齢化している。

少子高齢化のせい&20年ほど前は花形だったIT業界(ホントだよ!)が不人気業界なったからだろう。

正直、悪くない、と思っていた。競争率が低くなるだろうと。

しかし、思っていた以上に同年輩・先輩が育ってない。

スキルなさ過ぎ!!何なんだお前らは。何をやってきたんだ、と。

特に「プロマネ崩れ」のどうしようもなさ。

その場しのぎの言い逃れだけが上手い。無能を覆い隠す喋りである。たちが悪い。

結局あおりを食って苦労しているのである。

まあ、仕方ないね。

.

IT業界に入った若い子も、仕事が好きにならないとキツイなあと脇から見ていて思う。

仕事が嫌いな子は見てて分かる。仕事が表面的なのだ。つまらなそうなのが分かる。だから賢い子ほど、仕事が小手先になる。本人はそれで仕事を回しているつもりなのだろうが、もったいないことだと思う。プロジェクトの現場の面白みを旨みを理解しないのだ。宝を前にして、何も気が付かないのだ。「見えども見ず。聞こえども聞かず」である。

プロジェクト現場の滋味を感じている若い子や、恐らくは若い頃にプロジェクトを楽しんでいたであろうオジサン・オバサンたちは生き生きしている。

これを楽しむに如かず。

2,500年ほど前の孔子の言葉だが、現代に生きるわたしにも、身に迫ってくるのである。

ってか、逆に言うと、好きを仕事にしないと人生ハードモードだな、と思う。自分の嫌いな、興味が持てないエリアで人と競争するとか、どうしようもないよね。

ADHD持ちとしては、なおさら心しなければならないと思うのだ。