A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

ADHD的事案とか水族館

1、4~8枚目がGRD IIIで、2,3、9枚目がOlympus E-P1+Nikon 18-135mm F3.5-5.6である。GR DはJPEGで撮って出し。E-P1はやはりJPEGだが、適宜クロップした。

功率は明らかにGR Digitalが高い。ちょっとしたチャンスに、ちょっとだけ気合いを入れるといい写真が撮れる。いいカメラだ。

E-P1+Nikon標準レンズが難しかったのは、露出もシャッタースピードもフォーカスも全てマニュアルだったからである。マイクロフォーサーズ純正のレンズだったらもっと成功率は高いはずだ(その分お値段もお高いはずだ)。フルマニュアルだから「南無三!」とばかりにシャッターを押す。プレビュー画面ではピントが合ってるかどうかは分からない。PCで確認するまでのお楽しみである。

銀塩カメラの時代を思い出す。フィルム代も現像代も高かった。今はナニゲにウン十枚を撮影して、ナニゲにPCに取り込むだけである。iPhoneだってそれなりの写真は撮れる。時代は変わったのだ。気楽に写真を楽しめる時代になった。

撮影しては、CD-ROMに焼いていた。高かったし、CD-ROM一枚に、マシな写真が一枚あるかないかだった。うーむ。

でも、それはそれで楽しかったよな。てなことを思い起こした、久しぶりの水族館+フルマニュアルカメラである。

しかも5年前に発売されたGRD IIIと、やはりその頃に発売された中古のE-P1と、Nikonの一昔前の標準レンズで楽しめるんだから言うことない。二台持ちは結構楽しい。

購入の顛末はまた書くとして、ワリと楽しんでいるのだ。

それはそれとしてADHD的な事象を書いてみる。

f:id:scotchandsoda:20150213133439j:plain

先日吉祥寺に行った。寒い中、20分ほど一生懸命自転車を漕いだのだ。

f:id:scotchandsoda:20150215102829j:plain

ヨドバシカメラに行くためである。

f:id:scotchandsoda:20150215103426j:plain

駐輪場について思った。

f:id:scotchandsoda:20150215104612j:plain

「財布、忘れた気がするな」

f:id:scotchandsoda:20150215104851j:plain

服とカバンのポケットを全て調べて、財布を持ってこなかったことを確信した。

f:id:scotchandsoda:20150215104854j:plain

うーむ。これがADHDクオリティか。

残念な思いはあったが、別段取り乱すわけでもなく、自暴自棄になるわけでもなく、「ふっ。いい運動になるぜ」などと負け惜しみながら、せっせと自転車を漕いで家に戻ったのだ。

f:id:scotchandsoda:20150215105342j:plain

もう一度吉祥寺に行く気になれなかったので、いっそのこと新宿に行った。

f:id:scotchandsoda:20150215111605j:plain

あー。こういうこと、あったなあ。

f:id:scotchandsoda:20150215114014j:plain

泣きそうな気持になって、慌てて家に帰る。

具体的に何を忘れたかは思い出せないが「何か大事なものを忘れて、泣きそうになりながら家に走って帰る」そんなことがしばしばあったなあ、という気がしたのだ。

そういえば我が子らもそんな感じだわ。

どんなに間の抜けた失敗をしたとしても、決してパニックにならず、落ち着いて対応すればいいと思うのである。見慣れた光景過ぎて、自己嫌悪にもならないっすよ。

そんな感じで。