A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

安定の4時起き

一昨日は、早朝に目が冴えてしまうのを避けようと、眠いのを11時半まで我慢して就寝したが、やっぱり3時台に一度目が覚めてしまい、全体として眠りが足りなかったので、昨日は10時半に素直に眠ってみたら、4時前にギンギンに目がめた。

やれやれ。と坐禅を組むのである。

想念がぽくぽくと涌き出て止まらない。だから横になっても全く気が休まらない。坐禅の方が(少しだけ)マシなのだ。

坐禅を組みながら思わず知らず足がムズムズしたり、頭を書いたり、鼻を触ったりしている。これもまたADHDのなせる技。と、呼吸に集中し、手は印を結ぶ。

睡眠不足は鬱への突入/鬱悪化のファクターだが、今のところは鬱の気配はない。

鬱の時にポンポンと浮かぶ想念は、過去のイヤな思い出のフラッシュバックだったり暗く悲惨な想念が多いが、今涌き出ているのは主に仕事がらみのアイデアである。

ADHDは必ずしも鬱とは直結しないのだ。

.

「自分がADHDと知って努力する気がなくなった」「諦めた」という意見を見たことがあるが、それは違うと思う。

ADHD自体は欠点でもないし、罪でもないし。

ADHDを持っていると、得意な分野と苦手な分野が極端に分かれる。それだけの話である。

イデアが涌き出たり、思わず変なことを口走ったりしてしまう癖があるばかりだ。

自己嫌悪に陥ることもあるだろう。鬱になることもあるだろう。

だからといって「ADHDだからダメだ」となっては仕方がない。

むしろ「ADHDを活かそう」というスタンスの方が健全である。

まずは、とにかく、「ライフ with ADHD」を全力で肯定すること。

質の良い睡眠を得るのに苦労しつつも、そんな風に思うのである。