A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

酒も薬も飲まないで就寝した結果

病気で酒どころではなかった、という日は何日かあった。夏以降、睡眠導入剤の力を借りて、週に1,2日は酒を飲まずに眠った。それ以外で「酒を飲まずに眠った日」の記憶がない。ここ15年で一度もなかったのではないか。実に目出度い。

.

夕べは23時過ぎに15分ほど坐禅して眠り、3:30頃に脳内花火で目が覚めた。

わんわんというF1のエンジン音が脳内に反響する。わめき声にも似ている。不快である。ADHDをこじらせて統合失調症を併発する人がいても不思議じゃない。さすがにもう慣れたが。

酒を飲まなくても飲んでも、この時間帯に目が覚めるのは同じなのか。やれやれ。と思いながら腹式呼吸で息を整える。

なまじ就寝から3:30までの睡眠の質が良かったからか、なかなか二度寝できない。イヤホンを耳に挿して音楽を聴くことにする。

バッハの気分じゃない。ドビュッシーもダメ。やはりフォーレピアノ曲がしっくりきた。6:00までウトウトすることができる。

フォーレの「まったりと取り留めもない美しさ」は、ADHD的?には大変にありがたい。

他の曲では、バッハは時にロマン的過ぎ、ドビュッシーは鋭過ぎる。ベートーベン、ブラームスは重すぎる。シューベルトショパンラフマニノフスクリャビンは情念が強すぎる。いずれも気分がハマると心地よいのだが。やはり安定のフォーレである。

6:00から15分坐禅を組む。起き抜けに半結跏趺坐はキツイ。正座である。背筋を伸ばして顎を引き、呼吸を整える。すぐに背筋が痛くなる。姿勢が定まらない。腹のあたりが不愉快である。息が浅く、苦しくなる。「ただ座る」だけだが、ナメてはいけない。こりゃキツいぜ。

.

やはり体調はよろしい。ちょっと眠いが、深酒した朝(いつもの朝)よりは健全な眠さだ。何より胃腸の調子がよい。精神も安定している。ワクワクする感覚がある。

図書館が開館したら、フォーレのCDを探しに行こう。久しぶりに豚の角にでも作ろうか。天気がいいから、子供を連れて出かけよう。

珍しく意欲的な朝である。

来週も「酒も薬も飲まない日」を作ってみようと思うのだ。