読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

片付けとか腸とか。

13日の月曜日。

本棚の片付けをしていたら、ふと岩波の「ブッダの 真理のことば 感興のことば」に手が伸びた。

手が伸びて開いたページがこれだ。219ページ。

実に自己は自分の主である。自己は自分の寄る辺である。故に自分を制御せよ。---御者が良い馬を調練するように。

怒りを捨てよ。慢心を除き去れ。いかなる束縛をも超越せよ。名称と形態とに執着せず、無一物となった者は、苦悩に追われることがない。

怒りが起こったならば、それを捨て去れ。情欲が起こったならば、それを防げ。思慮ある人は無明を捨て去れ。真理を体得することから幸せが起こる。

と来たもんだ。

情欲に関しては、異議あり

欲望がないと、人生詰まらん。物欲とかね。酒もそうかもしれない。

手を延ばせば、快楽がある。その快楽は空しいか。空しいとして、価値がないか。難しいところである。

必ずしも「価値なし」とは思わないのだ。

少なくとも、欲に手を延ばそうとするだけ、パワーがある。生きる意志がある。

肯定してもいいんじゃないかと思う。

.

鬱の時は、欲がない。

酒だって、仕方なく飲む。

元気が出て来ると、いろいろ欲が出て来る。

酒だって、うはうはと飲む。飲む自分を、飲んだ自分を肯定する。

とすれば、鬱と正常を行ったり来たりしている不安定な身の上としては、情欲を肯定し、敢えて求めて行かざるを得ないのである。

やっぱり、大事ですよ。欲は。

そんなところで。