A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

勢いで更新

鬱からの復活の狼煙である。

とにかく行動あるのみ。

本日「面倒くせーなー」と迷いつつ、頑張って池袋に行って24時間営業の店で昼酒を飲んできた。

その後、ジュンク堂で本の鑑賞。土門拳はすごいなあなどと思いつつフラフラと帰宅した一日。

.

微妙な出来事もあったが、総じて楽しかった。

面倒くさくてもだるくても、外で一杯飲んで(コーヒーでも可)、散歩するというのは、精神衛生上良いような気がする。

次回の鬱のタイミングでは、敢えて、頑張って外に出てみようと思う。(上手く行くかなあ)

.

「人生で一度はやりたい50のこと」を列挙して、出来た、出来なかったなどと盛り上がっているブログを見た。

なかなか面白い。人生、誰もが諦めていることが多いからだろう。Beginers mindである。初心が大事である。

自分でも振り返ってみたが、50も100もないのかな、と思った。本当にやりたいことは、1つか2つしかないんじゃないか。50も100もあっても、仕方がない。出来ないことを望んでも仕方がない。しょうもないことに執着しても、意味がない。

.

自分の場合は、精神科医になれば良かったな、などと思う。

統合失調症うつ病ADHDを軸として、いろいろ辛いことが理解できる(と思う)からだ。

だが、医学部に進むには当方の学業成績はイマイチであったから仕方がない。人生、なるようにしか、ならない。

仕方ない。それなりに頑張ってきた人生だと思う。ADHDを持ちながら、いろいろ衝突したり、迷ったり、苦しみながら、何とか家族を養っている。

.

季節の変わり目に襲ってくる鬱が、実に厄介だ。

これまでも、鬱の季節になると、頭を抱えてやり過ごして来た。でも、 今年は特に長く、辛かった。

鬱の症状。

  • 音楽を聞いても楽しくない
  • 片付けや書類仕事に着手できない
  • 何をやっても達成感がない
  • だるい
  • 嫌な思い出がフラッシュバックする
  • 自分に自信が持てない
  • 自分が嫌になる
  • ネガティブな感情(怒り憎しみ)を抑えられない

やれやれ、である。

鬱に襲われるのは年に数回、数ヶ月であるとはいえ、これまで何とかやってこれたのは大したものだと思う。我ながら。

.

とりあえず結論を急ぐと、何はともあれ、自分を大事にすることが一番、と思う。自己イメージが低いとろくなことはない。脳というのは、すぐに自傷行為に走るものなのだ。

鬱と自傷のスパイラルは、なんとしても避けるべきである。

自傷行為には他者への怒りや呪いも含まれる。

平穏に生きるというのは、難しいことなのである。

日日是好日。取り急ぎ。