A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

仏教とかADHDとか

以前は何かと傾倒していた仏教だの哲学だが、最近はさっぱり興味が持てない。

ADHDだからなあ。仕方ないよな。以上。

解は出てしまった。

いろいろ悩んで、考えて、でも答えが出ない。

仕方ないから、仏教やら哲学書やらをすがるように読んで、何となく無理やりハラオチ(という言葉を最近見かけるが違和感はあるな)させていたわけだ。

解があるということは、ある意味楽ではあるが、ちょっと堕落したような感じもしないでもない。

自分がADHDだと知る前は、エキセントリックな仏教の聖人と自分との類似点を見出して、いやあ、俺も頑張らねば。悟らねば。などと気負って、努力したこともあったのだ。

ADHDだと知ったら、あまり努力しなくなったのである。正直なところ。

以前はたまにスイッチが入った片付けも、最近はあまりしていない。

ADHDの先人たちは、「自分はADHDだから」などと諦めたりせず、「どうあるべきか。何が正しいのか」と思弁に徹したり、行動を必死で律したりしたのではなかろうか。

一生懸命考えて生きてるからこそ、酒がうまい。そういうこともあったのではなかろうか。(オイ)

ADHDと自分をレッテル貼りするのも程々にして、定型脳との差異に悩んでみるのも、たまには必要なのではないか。

そんな風に思ったりもするのだ。

(そうやって生きたほうが、酒が美味そうだし)