A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

シラフで寝る前に

昨日の投稿を読み返してみた。特に破たんしていない文章である。意外だ。

それなりに酔っていたし、何より鼻が詰まって全く集中できなかったのだが。

今朝は微妙に胃腸の調子が悪かった。やはり酒の副作用はキツい。

今は完全にシラフである。

一瞬、冷蔵庫で冷えている缶ビールに惹かれたが、何とか我慢できている。

炭酸水さえあれば申し分ないのだ。

先ほど、プロチゾラムを飲んだ。そろそろ徐々に眠くなってくるだろう。

これで明日の快適な目覚めが保障されるのだ。

とすれば、酒を飲むメリットがあるのだろうか?と我ながら疑問である。酒を飲んで快適な睡眠を得ることは、不可能ではないがかなり難しい。食事量、酒量、寝るタイミングに、バランスが求められる。

中途半端に飲むと眠れない。

昏睡するまで飲むと、翌日の胃腸の調子が悪くなり、注意散漫が激しくなる。

ビール500mlで打ち止めにして、20:00までにアルコール摂取を辞め、プロチゾラムで睡眠に付くというのはどうか。と、頭では分かっているが、ちょっと健全ではないような気がして、二の足を踏むのである。

アルコールと、プロチゾラムの間でふらふら生活している昨今だ。

いい落とし所を見つけたいと思うのである。