A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

練馬~杉並ポタリング(わりと長文)

妻は外出。

子供と留守番である。

いつも通りというか、テレビを見終えた子供たちがケンカを始めた。暇さえあればテレビを見るかケンカするかである。他にいくらでもすることはあるだろう。動物園の猿の方がもっと人間らしいぜ。

子供たちのケンカを見ているとウンザリして来たので、1,000円札を置いて独りで外出した。腹減ったら何か買って来て食えと。勝手にしろ。足りなかったら小遣いから出しとけ。後で補てんしてやるから。

これもまた、ADHDの怒りの発作であろう。まあ、二人とも留守番もお使いもできる年齢である。ちょっと外出するくらいは問題ないだろう。

幼児を置いて行ったら虐待に近いだろうが、あいつらなら大丈夫だ。と、わりと心安くポタリング(自転車散歩)である。子育ては大変だ。あまり息を詰めてもしょうがない。ADHD持ちなんだからな。

ADHDは説明であって、言い訳にはならんぞ。と常日頃自分にも言い聞かせている。頭を冷やすために散歩をするのは、かろうじて育児放棄にはならないだろう。

ということでまずはマンモスコーヒーで一服。

f:id:scotchandsoda:20140906110614j:plain

470円のカフェラテを飲んだ。さすがに美味い。こういう個人のお店は応援したい。スタバやらタリーズのコーヒーもそれなりに美味く、リーズナブルではあるが、地元で頑張ってる店で買うと「経済に貢献した」感があるのだ。

そういえばこのお店。前は「食べログ評価」は3.5ポイント近くなかったかな?と思う。下らないレビューのおかげで随分下げたようだ。気の毒な話である。

f:id:scotchandsoda:20140906111338j:plain

写真を撮ってもいいですか?と聞くと、店内は勘弁して下さい。コーヒーだけでお願いします、とのこと。

食べログの心無い評価にウンザリしているのではなかろうか。

しかしまあ、食べログレビューワーも、オマエナニサマ?である。客単価1,000円未満の店で、したり顔で文句付けるな。と言いたい。

店主は人生かけて商売やってるんだから。気に入らなかったら、黙って出てけ。二度と来るな。である。店が一生懸命(だと思う)作った食事を、一見客が、たかだか500円~1,000円の対価を払って、食べログという巨大な媒体で低い評価を付ける。その神経は全く理解できない。気に入らなかったら店主に助言するとか、いくらでもマシなことはできるだろう。せめて、2,3回通ってから文句をつけやがれ、である。一見客に何となく気に入らないという理由で低評価を付けられたら、溜まったものではないだろう。と同情せざるを得ない。

...

どうもテンションが高い

その原因は分かっている。カフェイン過多である。

朝もコーヒーを飲んだのだ。

自分的には、コーヒー二杯は完全にキャパオーバーである。

日本酒なら5合イケるのだが。

マンモスコーヒーで二杯目のコーヒーを飲んだ直後は、結構ヤバかった。

体が「旦那。ヤバイです。毒が入りました」と報告してくるのである。(誇張ではない)

「大丈夫だ。それカフェインだから。落ち着け」と説得するのだが、体は「毒じゃないか、毒じゃないか」と焦っている。

「旦那。何とかならないですかね。吐くとか」

「だからカフェインだって。問題ないって」

と思うが、カフェインだって致死量はあるのだ。カフェインに弱い人が、レッドブルを何本か飲んで死んだという話もある。

吐き気こそしないものの、胃が何とも落ち着かない。心臓の鼓動が早い。気分が悪い。不安に襲われる。

先日の食中毒にも似た感覚である。(ホントです)

参ったなあ。カフェイン中毒一歩手前だよ。そうだ。水でも飲んでみるか。

ということで、自販機で水を買って、善福寺公園で一服。

f:id:scotchandsoda:20140906122717j:plain

これが功を奏した。

血中カフェイン濃度が下がったからだろうか(テキトー)。動悸も落ち着いてきたし、気分も良くなってきた。

やれやれ。と思いながらポタリング継続である。

ここでイヤな事件が起きた。

久しぶりに瞬間激怒した案件である。

その顛末。

結構な日差しの中自転車を漕いでいたものだから、日焼けが気になっていた。紫外線アレルギーのため、後でポチポチが出て来て猛烈に痒くなるのだ。

その時、数十メートル先の右手にコンビニ発見。よし。日焼け止めを買って行こう。と、右車線に寄ってコンビニを目指していたところ、50絡みのエラそうなオッサンに、

「自転車は右側通行!違反は5万円以下の罰金!」

とドヤ顔で叫ばれたのである。

右車線を走る自転車が迷惑なことは、重々承知している。

特に全力で右車線を走るババチャリ。鬱陶しいを通り越して、危なくてしょうがない。

だから、少しの距離とはいえ、右車線を走ることに罪悪感はあったのだ。

そこにドヤ顔で指摘である。クッソ腹が立つ。

「ああ。ハイハイ」と言い返してやったが、それでは到底収まらなかった。

「分かってやってんだよ。バーカ」くらい言ってやればよかった。

しばらく腹の虫が煮えくり帰った。(今も少し腹が立っている)

何でこんなに腹が立つのか。

多分ADHDのせいだろうと思う。

ADHDを持っていると、細かいルールとか締切とか、本当にどうでもよいのである。

そこに定型神経の連中が、細かいルールとか締切とか、ドヤ顔で押し付けて、できないこちらを嘲笑ってくる。

人生、そんなんばっかである。

だから、ドヤ顔でルールを押し付けてくるヤツにはウンザリするのだ。我慢ならないのだ。いい加減にしろ!なのだ。

ふん。そんなくだらないルールに縛られて生きているツマラナイ定型神経ヤローだから、ツマラナイ人生送ってやがるんだろう。テメーの人生詰まらないもんだから腹いせに他人に文句付けて喜んでるんだろう。チンケなヤローだぜ。バーカ。などとグツグツ怒りながらポタリングを継続したのであった。

・・・

.

気を取り直そう。

ポタリングは楽しい。

結局西荻から吉祥寺辺りまでちんたらと自転車を漕いで、

f:id:scotchandsoda:20140906130457j:plain

(こんな道が実に多い)

子供たちへの手土産片手に帰宅したのであった。(一個90円のねじりドーナツだけどな)

こんな休日もまたよし。

以上。