A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

ADHDの楽しい所

敢えて逆張りで書いてみよう。

ADHDを持っていると楽しい所。

(多分ADHDに関係していると思う)

いつでも子供の時の心を持っているところ。

どう考えてみても、中学生の頃からあまり本質は変わっていない。

あの頃と変わらず、楽しいことないかなあ。ワクワクすることないかなあ。とキョロキョロして生きている。

そのせいで、かえって若い頃は苦労した。

楽しいことばかり見てるんじゃない。苦労しろ。大人になれ。

そんなもんかと思って周りに合わせてきた。

自分の行動原理があまりに直情的で感性的(要するに子供っぽいのだ)から、却ってムズカシイ本を読んだり、哲学や宗教について考えてみたり。

今思ってみれば、まあ、ちょっとムダだったかな。という気がする。詰まらない大人に合わせる必要など、全くなかったのだ。

詰まらない大人の詰まらないルールやら、詰まらない生き方やら、詰まらない考え方にはウンザリである。

ADHDに限った話ではない。生き方や考え方はいろいろある。

もっと好きなように生きれば良かったのだ。

曲がりなりにも独立して生きているから、自分を押し殺して生きてきたわけではないが、妥協した点も多かった気がするし、何より計算し過ぎた。

もう少し思い切って生きても、良かったなあ。

・・・

いやいや。まだまだ遅くはないぞ。

それこそADHDを活かして?いろいろやってみよう!

などと思うのだ。

人生、まだまだ。ふははは。