A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

「ショック・ドクトリン」

f:id:scotchandsoda:20140819210439j:plain

岩波書店ショック・ドクトリン 惨事便乗型資本主義の正体を暴く」ナオミ・クラインを読んだ。

スゴイ本である。アメリカの金権政治とネオコン。強欲資本主義と格差の拡大。キーワードは頭では分かっていたが、この本を読んですべてがキレイに繋がった。

南米・中東は、アメリカに凄まじく搾取されていた。IMFはハゲタカだった。今のイスラエルの状況や、中国・ロシアの状況を読み解くにも必須の本ではなかろうかとも思った。

久しぶりに巻を置く能わず&世界観を変えてくれた本だったのである。

経済戦争というのは、ある意味で実際の戦争並みに恐ろしいものであり、何より経済のためには戦争も辞さないと考える政権が多いことが分かって恐ろしい。

ドイツ・日本が戦争に追い込まれたのも、経済戦争の結果ではなかったか、などと思い起こす。

誰もが戦争を回避したいと思っているわけではないのだ。富裕層や支配者層は、自らの利益のためには戦争をも辞さない。何故なら死ぬのは彼らではないし、彼らには逃げ出すこともできるからだ。一般庶民はよほど気を付けなければならないと思ったのである。