A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

発達障害とか

ほとんど無意識に昼ビールを頼んでしまった・・・

ハイネケンの生である。美味かった。

なかなか良い雰囲気のカフェだったから、思わずビールを注文したのだ。すなわち、雰囲気に呑まれたということだ。

酒は飲んでも呑まれるな、という。

しかし、最初から呑まれてしまったら、それはしょうがないではないか。(よく分からない理屈)

完全"しらふ"Dayは逃したが、13:30以降は一滴も飲んでいないから、準"しらふ"Dayという位置づけとしよう。

夕方、非常に酒が飲みたくなって困った。酒は酒を呼ぶ。

かろうじてコーヒーで誤魔化せたようだ。

さてさて。

陰山英男氏のTwitterが大変参考になったので、自己啓発のためにメモ。

玄人の見識と素人目の常識-サイコパス・発達障害の論議から

以下、内容を6行でまとめる。

  1. 佐世保の事件を考察するも、なぜあんな事件が起きたか、よく分からない。教育の問題ではないのではないか。サイコパスという視点がやはり必要なのか。
  2. それにしても、この父親はおかしいと思う。
  3. 週刊文春で、父親のモンペ振りが報道されたのを見て)そうか!やはり父親が原因ではないか!
  4. 発達障害などというが、所詮は後天的なものだろう!親や環境の問題だ!
  5. (フォロワーからツッコミの連打)「発達障害は先天性ですよ」
  6. 陰山先生、反省

途中まで、精緻な思考と健全な判断停止を行っていた陰山氏が、週刊文春の記事で一気に「親が悪い」という結論にしがみつく、その危うさ。

わりとまっとうに思考する専門家ですら、こんな安直に納得するのか。という警鐘として読んだ。

む。

一生懸命書いてみたものの、何だかどうでも良くなってきた。

要するに、脳にはクセがある、ということである。

そのこと自体には、良いも悪いもない。

無理解が一番良くないと思うのだ。

以上だ。(逃げ)