A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

よく見る夢とかお台場とか

大学院の修士課程に入り直している。

仕事をするよりも、勉強していた方が楽だったからだ。安きに流れただけである。

収入は激減。これで良かったのか。と悩み、自己嫌悪に陥っている。

.

別の夢。

.

自転車で家路を辿っている。仕事帰りである。

途中、急な坂道がある。

随分急な坂だが、何とかなるだろうと思う。自転車のペダルを踏み込み、勢いをつけて登る。

行けるところまで行って、手で自転車を押す。

気が付くと、坂がほぼ直角になっている。降りるのも危ないし、登るのも難しい。もう少しだ。頂上に手が届けば何とかなるのだが。しかし自転車は持って上がれない。このまま下に落とすしかない。

だが届かない。

登るのは諦めるか。しかし、降りるのも危ない。

困ったと思いながら、坂の途中にしがみついている。

.

両方ともイヤな夢である。酒が過ぎた時にしばしば見る。

酒を飲まなければこんな夢は見ない。今日は休肝日の予定ではないが、酒を飲まないで過ごしてみるか。と思いつつ、結局軽く飲んでいる。

.

本日は子供たちを連れてお台場に行った。科学未来館の「トイレ?いっトイレ!」展である。

なかなか悪くない展示であった。

便が体調を測る重要なバロメーターであること。

トイレに安心して行けるということが、どれほどありがたいことか。

糞尿の管理が、人間の生活にとってどれほど重要か。

強く考えさせられた。

上の子も思うところがあったらしく、よかったと思う。

ただ、10歳の下の子は展示にまったく興味を示さなかった。実に腹立だしい限りである。交通費と入館料がもったいないではないか。クソ。

.

帰り道。

お台場のフジテレビのイベントに人が大勢人が集まっているのを見た。

汐留で、日テレのイベントに大勢人が集まっているのを見た。

主に若い人たちや、小さい子連れ(乳児・幼児連れ)である。

それを見ると、やはりマスコミの影響力が違うなあと思う。

何でこんなクソ暑い日に、わざわざテレビのコンテンツに関係したイベントに行くのか。

到底理解できない。

到底理解できない影響力が、マスコミにはあるということだ。

わたしも「吉田類の酒場放浪記」は毎週見ている。

かといって、吉田類氏を見にイベントに行きたいかと聞かれると、さほどでもない、と答える。だって、吉田類氏は別段当方に会いたいなどとは思っていないだろうから。

まあ、結局のところ、人集めコンテンツに、名乗りを上げて参戦する。そんな気力も体力もなくなってきただけではないか。そんな気もするのだ。