A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

久々の(ような)酔余

今日は飲んだ。

軽くのつもりが、そこそこ飲んだ。

.

質の悪いつまみで飲んだ。後味は悪い。しかし、後悔はしていない。

.

(カラダの反応は微妙だけれど)

.

昨日、機嫌が悪かった。というか、妻に怒ってしまった。

休肝日のせいかもしれない、と思う。

.

アルコールが切れて、イライラしていた。だから、怒った。

.

仕方のないことだろうか。

怒るよりは、まだ少し飲んだ方が良かったのではないか。

そこに疑問符が残る。

.

*頑張って酒を断った。

そしたら、ちょっとしたことで怒りを覚えた。

挙句に、妻や子供に当たり散らした。

.

それに対して。

*頑張って酒を断った。

日常生活で、怒りを覚えた。

挙句に、酒を飲み始めた。

.

どちらがいいか。

難しいところだと思う。

.

酒を飲まないことが、最優先だ。

.

とすれば、断酒によって多少家族や仕事に悪影響が出てもしょうがない。

.

酒を飲むかどうかより、生活の質が問題だ。

.

とすれば、酒を飲むかどうかより、家族関係が上手く行くか、仕事が上手く行くか、そちらの方が重要だ。ということになる。

.

わたしは、原理主義は、嫌いだ。

.

家族や仕事がギクシャクしても、断酒が大事だ。

そんなはずはないと思う。

酒を辞めれば、すべてが上手く行く。

.

そんなはずは、ないだろう。

.

中道という言葉がある。

バランスという言葉がある。

.

酒を辞めれば、すべてが上手く行く。

そんなはずが、ないではないか。

.

ある程度以上酒を飲むと、世界が変わる。

気持ちよくなり、細かいことがどうでもよくなる。

.

世界が変わることを、嫌がるか、楽しむか。

所詮は人生観の違いだと思うのである。

原理主義は嫌いだ、と思って生きてきた。原理主義が解決する問題など、ないからだ。

人は、原理主義では生きられない。

原理主義を主張する人だって、そうなのだ。

.

酒を辞めれば、世の中はシンプルで、ヘルシーだ。

それは分かっている。

しかし、今のところ、酒を辞めるつもりはない。

全力で、そう思う。

アルコール中毒とは違う。(と思う)

アルコールとは、生きづらいこの世界から別の世界への、"かけはし"なのである。

まあ、そんなところで。ぶつぶつ。