A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

二日ぶりの酩酊。そして「普通の人」について。

いやあ。

冷えたホッピー+寶焼酎25度は、美味い。

強烈ですね。アルコールの効き目は。

いい気分になる。ADHDが大人しくなる。そして食欲増進(いいのか?)。

酒飲んだ後の蠱惑的な「炭水化物+油脂」よ。

ハイテンションである。世の中、希望に満ち溢れる。どんと来い!

.

日本酒だと(高いから)飲んだ量を数えますが、甲類焼酎だとその辺りがよく分かりませんから、飲んだ量が分かりませんな。恐らくは日本酒相当3~5合くらい?

.

えーと。なんだっけ。(ADHD+アルコールの効果)

.

経緯はわかりませんが、長年の飲酒の慣れか、別人格までは行ってません。明日の記憶があるかどうかは微妙ですが。

すなわち、綱渡り。

,

プロチゾラムは、確かに眠くなります。

でも、酒の方が効きますね。総合的に。

総合的に考えると(副作用を考えると)・・・

.

プロチゾラムの方が楽だわ。

当たり前か。

両者を上手く使うのが、賢いと思いますね。

プロチゾラムが、ナニゲに摂取できれば申し分ないですけどね。自家処方として。

.

「ハレ」としての飲酒。

「ケ」としての、プロチゾラム。

ADHD者は「ケ」=「しらふ」の状況なぞ考える必要もないんだろうな。それが当たり前だから。

むむむ。世の中、上手く行かないものですな。

.

普通の人。

.

片付けるべき仕事が、そこにあるとしましょう。

.

ADHDの人は、あっという間に90%まで完成する。

普通の人は、じわじわと85%まで、仕上げる。

その後で差が付く。

ADHDの人が90%まで仕上がったタスクを95%まで仕上げるためには、大変な苦痛と苦労を要する。

普通の人が85%まで仕上がったタスクと95%まで仕上げるためには、淡々とした作業をこなすだけである。

ここで、差が付く。

ここで、ADHD者の雑さが、明るみに出てしまう。

単に効率的なだけなのに。

「そんな細かいことに構ってる場合じゃないでしょう!。こだわることによって全体の品質を下げていることに、気が付かないんですか!!」

ADHDの魂の叫びである。どう見ても、正しい主張である。「本末転倒でしょうが!」

「いやいや。やるべきことは、ちゃんとやらなきゃ。どんなに小さい間違いでも、間違いは間違いでしょう。直さないと」

どう見ても「正しい」主張が、「いやいや。正しいことは正しいでしょう」という非ADHD者の勝ち誇ったドヤ顔に、負けてしまうのだ。

.

そんなことは、どうでもいいでしょうが!。いや、どうでもいいとしても、正しいことは正しいでしょう。

くっだらねー。っすよ。

どうなんすかね。もう、知らんですよ。

酔っぱらって寝る。というか、酔って寝るしか、ありませんな。

以上。おやすみなさい。