A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

夏の酔余

何となく気分が落ち着かないので、スーパーに行って(第三の)缶ビールを買って来て飲んでいる。

妻も入れ違いでスーパーに行った。ストレスが溜まってたみたいだから、イートインコーナーでアイスでも食べてるに違いない。

.

第三のビール。一口目は美味いと思う。でも、だんだん飽きるね。

苦み、コク、香り。どの銘柄も、いずれかが微妙に足りない。後味が微妙にベタッと引きずる。

「何言ってんだ。文句いったらバチがあたるぜ」レベルだけどね。ビールと比べると、どうしても・・・。

それにしても、日本の税制というのは、どうにもこうにもいびつだなあと思う。

いっそ第三のビールとか発泡酒とか、そんな七面倒臭い区別はやめて、ビール減税して美味いビールを世の中に氾濫させたらどうか。

ビールが高くて、原料を小賢しく工夫した変なビールが安いとか、おかしいのではないか。文化への冒涜ではないか。財務官僚め。怪しからん。と、こと酒に関しては真剣に世を憂うのである。

原材料工夫して、いろいろ香料とか工夫して、美味いビールライクな醸造酒ができないものか。

そういえば「サッポロ ホワイトベルグ」も微妙に期待外れだったし。日本の税制下ではヒューガルデンの美味さのビールライク飲料を作るのは難しいのか。むむむ。やりおるわ。財務官僚め。

まあ、いいや。

閑話休題、酔余ふらっとスーパーに行って酒を買って飲むというのは悪くないものである。

特に、夏の夜。ビール。

当方の行動は、ADHDに駆り立てられていることが多いのだが、夏の夜、ふらっとビールを買いに行って飲む。という行動からは、あまりADHD臭は感じられないのではないか。と思う。

衝動的行動。アルコール。十分ADHDですやん。

やっぱ、そうか。でも、ADHDを持たない人だって、夜にスーパー行ってビール買うことくらいあるんじゃないかしらん。

・・・あんまり、ないのか。

深夜のスーパーを徘徊して、酒を買ってる人って(仕事帰りの人除く)、ADHDもしくは何らかの人格障害なのかしらん。そう考えた方がしっくりくるような気もする。

.

気を取り直して。

とある商業Webサイトでライター募集ページを見掛けたから、早速応募してみた。

依頼されてサンプルを送ってみたが、どうなるか。

半々程度の感触である。ダメかもしれないし、イケるかもしれない。

他のを読んでみて、オレの文章の方が面白いぜ。と思う。

一方で、オレの文章はちょっと地味過ぎるかな・・・華がないよな・・・とも思う。

.

仮に採用されたとしても、原稿料は全く大したことあるまい。

取材費(少しかかる)と作文に掛かる時間給を計算してみたら、大赤字に違いない。

それにしても、副業があるということはいいものだと思う。

独りで足掻いているだけでは、なかなかチャンスは来ない。

久しぶりに到来した、ささやかなチャンスなのである。

どうなることやら。

あまり期待せず>自分、のんびり行こうと思うのだ。