A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

自己嫌悪と自己肯定

今朝、本当に久しぶりに気持ちよく目が覚めた。

自分を肯定しながら眠ったからだと思う。

"What an aha moment."である。「そうだったのか!」である。

これまで、ずっと「自分を肯定すること」が、チャレンジだったのだ。

.

休肝日を確保できたことが、案外自信につながっているようだ。

自信をもちながら、今、焼酎の杯を重ねている。

オレ、思ってたよりダメじゃなかった。

休肝日を作れたんだから。

「オレには絶対に休肝日は作れない」と思っていた。

肝臓に悪いと思いながら酒を飲み、肝臓を傷めて、死ぬんだろうなと思っていた。

でも、休肝日を作れた。ということは、肝臓をいたわることができるということだ。

自分を大切にできるということだ。

スゲー。オレ。偉い。

自分に感心している。自分を肯定できている。

.

来週も休肝日を作ろう。これは、わたしにとっては自己の尊厳にも関わる大事なチャレンジであり、ミッションなのだ。

自分を大切にすることが、ハードなチャレンジなのだ。

それを達成することで、自己の存在の、尊厳を維持できるのだ。

.

居酒屋で知り会った人たち。

普通に昼間っから酒を飲む方だが、健康診断の前などはちゃんと酒を控えるようだ。

「健康診断の前に酒を飲まない」。その発想がない。普段飲んでるんだから、普段の状態を検診してもらわないとダメだろう。

一日飲まないで過ごせる。オレには考えられないと思っていた。でも、それが出来たのだ。

.

.

ADHDは疲れる。

ADHDをなだめるために、酒を飲む。

酒を飲むとADHDが収まるから、毎日飲む。

疲れていても、脳内花火は収まらない。(これがキツイんだよな・・・)

だから、酒の量を増やす。

睡眠の質が落ちる。

翌朝、既に疲れている。

疲れているまま、仕事に行く。

ミスをする。衝動的に口を滑らせる。不機嫌な態度を取ってしまう。

余計、疲れる。

これまでの人生、この悪循環だった。

一日の休肝日が、この悪循環を断ち切ったような気がしている。

やればできる。

ADHD的にはキツイ言葉だが・・・)

.

まあ、とにかく、ブレークスルーである。

自己嫌悪の源。

それは非ADHD的な社会のルールにある。

細かい仕事。どうでもいい仕事。バカバカしい会議。くだらない人間関係。忘れ物。納期。

それがどうした。世の中の何が変わるんだよ。他にいくらでも大事なことがあるだろう。そんな細かいこと、どうでもいいじゃねーか。バカバカしい。

「やってられねーよ。くだらねー。ふざけんな」と思う。

すると、非ADHD者から集中砲火を浴びる。誰も味方をしてくれない。大変な苦労である。

自分が悪いのかと思う。自分は普通じゃないのかと思う。自分はダメだと思う。

.

そんなことは、ないのだ。

単に、社会のルールがADHD向けではない。それだけのことなのだ。

開き直るわけではない。事実をそのまま認めるだけである。

どうやら、非ADHD的ルールが社会を支配しているし、それにできるだけ従うことで、より平穏な人生を送られるようだ。

でも、われわれが非ADHD的ルールに従うことは、簡単ではない。

従えなくても、別に卑下することはない。相変わらず自分を肯定していればいい。それだけの話ではないか、と、酔余思うのだ。