A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

飲み過ぎると逆効果(翌日)&焼き枝豆&「ノルウェイの森」

とりあえずアルコールはADHDをなだめるには効く。

集中力は低下するが、目線のキョロキョロや「何かが突然気になってしまう」症状(Distraction=注意散漫状態※)は治まる。

※後記 「注意散漫」というのは違う気がする。「漫」然と「散」っているわけではなく、集中力の向く先が頻繁に切り替わるのだ。

突発的な怒りがなくなり、感情的な「ぶった切る」系の意思決定からも自由になる。

でも、飲み過ぎるとアカンですな。(あたりまえ)

.

久しぶりに、飲み過ぎました。スミマセン。

.

朝。

集中力が低下しつつも注意散漫状態。サイアク。

おまけに胃腸の調子も悪いという。

ダメじゃん。

夕方に缶ビール500ml缶を飲んで、ようやく落ち着くという。<もっとダメじゃん。

本日良かったのは焼き枝豆を試したことである。

Webで「絶賛」されるレシピって、大抵大したもんじゃない印象である。4,5年まえに流行った鳥ハムとかね。2,3回試行錯誤して、打ち止め。メチャメチャ美味いもんじゃない。逆に地味な中堅レシピの方が定番になる傾向がある。我が家の場合。

焼き枝豆も、最初は半信半疑であった。

しかし、確かにこれは不味かろうはずがないではないか、という思いもあった。失敗は、なかろう。

作ってみた。

.

はい。美味しかったです。

旨みが濃い。

採れた豆そのままの、滋味がある。風情がある。

これはいいではないか。と思ったのだ。

今度からは、基本的に焼き枝豆にしようと思っている。

.

ここでレシピに対して物申す。

「塩に30分漬ける」意味が、あるのか。

どうせ、中まで味は染みない。意味がないんじゃないかと疑っている。次回は漬けずに、ざっと塩でナニした後に、すぐに焼いてやろう。(後記:少しは漬けてます。何となく。)

「5分焼いたら枝豆を裏返す」。んなこと出来るか(怒)

三分(蓋して)焼いて、適当にまぜまぜして、また三分(蓋して)焼いて、適当(ry

これでいいではないか。

「軽く焦げ目がつく」必要なんてない。10分弱火で蒸し焼きでOKですわ。

.

焼き枝豆が美味しい理由。

Webにはオリゴ糖云々といううんちくがあったが、眉唾である。

単に水に漬けないからうまみが凝縮してるだけじゃねーかと。

さやごと、旨みが残ってるんじゃねーかと。

まあ、次回も焼き枝豆を作ろうと思っているのだ。

.

そしてノルウェイの森

久しぶりに読んでみた。

最初に読んだのは、18歳の時だったと思う。

20年前である。つい昨日のことようだ(遠い目)

実家のソファにひっくり返って、夕方に読んだことを覚えている。

大学時代、繰り返し読んだ。

社会人になってから、一度、夜に読み始めて、そのまま酒を飲みながら村上作品を手当たり次第読み通して、徹夜したことがあった。

.

今読んで、どうだったか。

.

相変わらず、面白いと思った。

見事なものである。古びない。

ああ、素敵だなあと思いながら、読んだ。

まあ、そんだけです。

さて、酒は昨日から浴びるほど飲んでるし、寝よう。