A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

ADHDとかナントカ

このブログを始めたころは「できればマネタイズしてやろう」「小遣い稼ぎしてやろう」などと思っていたが、今はどうでもいい。

何となく更新するばかりである。

どうしてこうなった。

小遣い稼ぎをしよう、などという動機では、小遣い稼ぎはできないのだ。きっと。

「人生を賭けてブログを書こう」という決意の結果、ようやく月5,000円のアフィが稼げる程度ではなかろうか。自分の場合は。

90%匿名で。規律を守って(?)。とブログを更新しても、話題になるわけでもない。はてブで取り上げられるわけでもない。アフィリエイトを貼るのも面倒くさいから、収入などまるでない。

そんなもんだ。It is what it is. である。

はてなホッテントリサイトを見る。

申し訳ないが、下らないと思う。

底辺ブロガーだけではない。エライ先生方の記事を見ても、大概下らねーと思う。アクセス数を稼ごうという意図が伝わるからだ。敢えて暴言。敢えて炎上。論争の火種を盛んにまき散らしている。

(ちなみに、徹底的に下らないサイトはむしろ好きだ)

民主主義社会かくあるべし構図としては「悪」とは言い切れないが、まあ、「下らねー」の一言である。

.

何を書いているのだ。オレは。

人の批判をするほどの余裕はないのだ。

.

ADHDつながりで、何となく海外の人たちとユルくつながっている。

面白いなあと思う。と同時に、やはりADHDというのは普遍的な症状なのだと思う。

だって、どうして海外の見ず知らずの人と、1から10まで共感できるのさ。

.

日本では、まだまだ大人のADHDはヤバいと声を上げる人は少ない。

カナダ・アメリカには、かなりの情報がある。(製薬会社のロビー活動の効果?はあるにせよ)

.

かといって、いま実名で大人のADHDをカミングアウトする気はない。

Webでカミングアウトしたところで、別に悪いことは起こらないとは思うのだが。

酔っ払いからは以上です。