A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

明日、らっきょうを漬けます

「だからなんだ」という話である。

いいではないか。ADHD者だってらっきょうを漬ける権利くらいある。

子供の頃は、大嫌いだった。

あの甘酸っぱさ。ピリッとくる感じ。エグみ。そして鼻にツンと来る香り。

今は大好きである。

といっても、国産のラッキョウ漬は高い。非常に高い。

中国産は安いが「日中食品汚染」を読んでからは、中国産の食品は「分かってて」食べる気がしない(読む前からそうかな)。

ということで思い切って買ってみたのだ。

f:id:scotchandsoda:20140524222924j:plain

「保存食」という概念は好きである。

何だか「氷河時代」というか「はじめ人間ギャートルズ」というか、マンモス肉というか、その辺のアレである。すごくワクワクする。

しかし、あまり保存食は好きではなかった。梅干しが好きになったのは、ここ4,5年のことだ。

例によって、取り留めもなくなってきたから軌道修正。

f:id:scotchandsoda:20140524222907j:plain

買ってきた1kgのらっきょうを剥くのに、1時間かかった。

しかも、わりと苦痛を感じる作業だった。

じゃがいもの皮を剥くのだって、結構大変な作業なのだが、じゃがいもの皮を剥く作業に、さほど苦痛を感じたことはない。

それは、じゃがいもが大きいからである。と、今思った。

どんな小粒の新じゃがだって、らっきょうよりは大きい。

そういうことである。

らっきょうのうす皮むきは、単純作業の繰り返しである。ADHD者にとってはかなりつらい作業であった。

つらい作業だから、ビールを飲みながら作業した。当然である。(飲酒を正当化しているわけではない。。。いや、している)

.

話はズレるが、人格もそれなりに固まってきたら、あんまり後悔してもしょうがないと思う。むしろ、開き直った方がいい。後悔すると、2度、3度と過ちを繰り返す。むしろ開き直った方が、過ちを繰り返す回数は減ると思う。

後悔する → 自虐する → もう堕ちるところまで堕ちてしまえ → 再び失敗する。

これではいけない。

.

開き直る → まあ、仕方ねえな。こちらも悪かったかもしれないが、むしろ状況が悪かった → 心機一転 → 失敗する確率が減る

という流れである。そう言えば、「スタンフォードの自分を変える教室」

f:id:scotchandsoda:20140524224705j:plain

でもそんな感じのことが書いてあったから、まあ、疑う人は読んでみたらいいよ。

.

らっきょうの話である。

.

しかし、らっきょうの話など、どうでもいい気がしてきた。

明日、甘酢に漬けるだけだからだ。

上手く漬かったら、1/3程度を行きつけの居酒屋におすそ分けして、その代わりに一杯無料にしてもらうか、一品無料で料理を頂けるんじゃないかなどとほくそ笑むばかりである。

.

話は唐突にMSG(化学調味料アミノ酸グルタミン酸ナトリウム・味の素)の話題に変わる。

.

MSGを上手く使った料理を、不味いという人間はいない。

いや、多少下手につかっても、不味いとは言わないだろう。

舌にべたっと残る後味を、「あ。MSGだ」と判断する人が、どれほどいるだろうか。

MSG不使用を謳う調味料はあるが、どれだけ信頼したらいいのか。

所詮は、粉である。どうやってその粉が出来たか。誰かそのプロセスを見たのか。

難しいところである。

.

外食してみて、MSGの行き過ぎた利用を判断できるかどうか。それは人としてわりと大事なポイントではないかと思う。

ちゃんと出汁を取った味噌汁を、たまには飲んでいるか。

まっとうなスープを、たまには飲んでいるか。

別に、難しい話ではない。

煮干しのワタを取って、水に一晩浸せばいい。

トマトを湯剥きして、ブレンダーとかミキサーですり流しにしてみたらいい。

自然な旨みとは、MSGがもたらすそれとは違うのだ。

ちょっと複雑で、何だかものたりないようで、でも、食後にふわっと複雑な余韻が残る。旨みとは、幸せなものなのだ。

.

えーと。

だから、まあ、煮干しとか別に高いものでもないし、ちょっとした手間とお金を掛ければ「本物」は味わえるんですよねーなどということを言いたかった。ということで、この投稿は終わりとしたいと思うのだ。

ADHD+アルコールのせいにして。