A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

ADHD者の居場所

風の歌を聴け」の一節だっただろうか。

主人公の独白シーンで、自分にふさわしい居場所を考えて思いついたのが「戦闘機の後部座席(複座?)」。しかし、あまりにも非現実的な「居場所」だったため諦めざるをえなかった。という意の文があったように思う。

村上春樹の本にはADHD者として共感できる文章が多い)

ADHD者が悩まされるのは、存在論的な「いたたまれなさ」である。何が具体的な原因があるわけではない(嫌いな人とかね)。落ち着くはずの家で、会社の暇な時間で、突如存在を揺り動かされるような「いたたまれなさ」に襲われる。立ちあがらずにはいられない。できれば外に出たい。しかし、そんなにしょっちゅう席を外すわけにはいかない。それに、外に出たからといって気がまぎれるのは一瞬である。苦しい板挟みである。

ADHD者なら「自分が心安くいられる場所は、一体どこなんだ?」と真剣に悩んだことがあるはずだ。

しかし、残念ながらそんな場所はない。恐らくは幻の「戦闘機の後部座席」に求めるしかないのだ。

.

ADHD者にとって辛いのが二次障害である。

「いたたまれなさ」は、どこにでもついて回る。

空間的にどこでも「いたたまれない」。

時間的にいつでも「いたたまれない」。

安住できる空間はないのか。時間はないのか。問うても答えはない。

しかし、一つはっきりしていることがある。「今ここ」の「いたたまれなさ」に苦しむADHD者を待つ、未来の「いたたまれなさ」である。

それを確信したADHD者がどう思うか。人生の先行きをポジティブに捉えることはなかなか難しい。

.

自らを「ADHDだ」と認めると、少し楽になる。普通の人は、こんな苦しみを全く知らないのだ。ADHDだから、いたたまれないのだ。自分が悪いのではない。高次の脳機能に障害があるから、このような気分を引き起こしているのだ。だから「いたたまれない気分」など、ほっておけばいい。

まだまだ周りに理解される状況ではないと思う。「ADHDは甘え」くらいのことは言われるかもしれない。だから、カミングアウトする必要はない。ボソッと思っていればいい。それだけで、少しは楽になる。

一般的な方法としては(やらないよりマシというレベルだが)、やはり定期的に席を立って体を動かしたり、深呼吸することも精神を落ち着かせることができる。自分の置かれた環境で、自分なりの方法を見つける必要があるだろう。

ADHD者の「いたたまれなさ」も救いの場所も、今、ここにしかない。

少し肩の力を抜き、深呼吸をして、ゆったりと今を受け入れることは、ADHD者にとってとても重要なことだと思うのだ。