A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

「大人のADHD: 興奮から絶望へ」(翻訳)

Adult ADHD: From Excitement to Despair

ADHD者のリアルな訴えとして面白いのはもちろん、口語表現がいろいろ出てきて勉強になる。

例えば"As much as ~"。学校で習ったのは「~と同じほど」だが、文頭で使われると「~だけれども」という意味。

それから同じく文頭の"That said, ~"。これは「そうは言っても」という意味。なんだか日本語っぽい。

"walk the walk"。"talk the talk, walk the walk"で「口八丁手八丁」という意味。"talk the talk"のみでは"口先だけ"、"walk the walk"のみでは"やるべきことはちゃんとやる"というニュアンスになる。

"I put my money where my mouth is."。「やると言ったらやる。賭けてもいい」というニュアンス。

辞書に載っていない用語は多い。どう考えても意味が分からない文章があったら、

"hogehoge piyopiyo" meaning

などとググると、海外のQAサイトがちゃんと引っかかるのがありがたい。

では今回も翻訳投稿。

大人のADHDの興奮と絶望。なんてトピックだ。いや、ADHD双極性障害躁鬱病)じゃない。一度書いたことがあるから、今回はADHD者が持つクリエイティブな情熱について書こう。これには不安と抑鬱という問題が伴っている。これさえなければ、僕らは、クリエイティブで、インスパイアされていて、常識にとらわれない思考と感性を、少しばかり持ち合わせている素晴らしい人間なわけだ。だが、僕らの症状が幸せな日々に割り込んできたときが問題だ。まさに僕に起きたことで、危うく命を落としそうになった。このブログでしょっちゅう書いていることだけど。普通の人々は、ADHDを持つ僕らのような人間のためにも、大人のADHDがどれほど極端か知る必要があるよ。

.

人生やゴール、人間関係、学校に情熱を持っている時、僕らは興奮する。でも、なかなか目的に辿りつけない。望むほど早く結果を出せない。純粋な意志と凄まじいまでの決意とハード・ワークを以てしても、仕事や、人間関係が失敗に終わる。経済状況の悪化や、他の人生の苦難が伴う。そんな時、絶望が来る。

.

症状の程度や、他の障害の有無、そして周りからのサポートがあれば、ADHDを持つ人でも充実した素晴らしい人生を送ることはできる。この僕がそうだし、実際に成功しているADHD者の生活を見ても明らかだ。僕らが自問しなければならない、何億もの価値を持つ問いがある。

.

自分の人生を大変にしている症状は何か。

.

ここから始めよう。それからぜひ専門家に相談するんだ。テキトーにかかりつけ医に相談しちゃいけない。大人のADHDについて、その診断方法どころか、全く何も知らない可能性がある。もし可能ならADHDの専門家を見つけて2番目、3番目、いや8番目の意見を聞いてみよう。

.

一番大事なことは誠実さと言わざるをえない。ある種の人にとっては、何の症状が問題を引き起こしているのか、濃い霧を通して見ることは大変なことだと理解している。でも、もし当てはまることがあったら信頼できる人に聞いてみるか、最悪でも病院に行って話を聞いてもらった方がいい。勇気は必要だ。でも考えてほしい。時は過ぎる。よりよく生きるための方法を知って、よりハッピーになって、成功したいでしょう?もちろん、そのはずだ。だってあなたはこのブログを読んでいるんだから。

.

興奮した気分と鬱々とした不安だらけの気分は、僕らに自身のことを教えてくれる。辛抱強く、自分に誠実に、穏やかにいこう。人生で一日あるいは一時間でも前に進めば、欲しかった答えを見つけられる。本当だ。僕もあなたと同じように自分の人生を送っている。僕らだって一日に一度くらいは気持ちよく暮らすことができる。自分自身を穏やかに保ち、深呼吸を忘れなければね。