A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

ADHDと知って良かったこと

自身をADHD者であると分かって(勝手認定して)から一ヵ月以上が経った。

分かって、良かった。

今までの人生腑に落ちた。

他にも同じ思いをしている人がいると知って、心強さもある。

「自分の人生マイナスからのスタートだったのだ」と分かった。

若いころから慢性的な自己嫌悪に悩まされてきた。年に数回は、生きるのがシンドイなあ、という鬱状態に陥っていた。頭の中でわめき声が聞こえる。突然(脳内で)激怒する。じっとしているのがはなはだしい苦痛である。自分で統合失調症を疑ったほどである。

なんでオレだけ(多分)。と思っていた。

存在の根幹を揺るがすような、いてもたってもいられない落ち着かない気持ちになったときも、「ああ、これはADHDだな」と頭の片隅で考えることができる。

会議で前のめりになって発言しているときも、頭の片隅で「ADHDだ」と思う。(会議をドライブできるというのはADHD者のポジティブな特徴だと思う)

周りがダラダラ仕事をしている中、さっと「お先です」と帰るのも「ADHDだから仕方ないよな」と考えることができる。(周りからは「あの人は速く変える人」というレッテルを貼られている)

ADHDだと分かって、このしんどさをWebで愚痴ることもできるようになった。(ADHDと分かる前は、誰にも伝わるはずがないと思っていた)

今までずっとADHDとともに暮らしてきたし、これからもそうであることに間違いはないようだ。

Life with ADHD。楽しんでいくしかないと思う。