A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

ADHD者のチャレンジ(退屈さ)

「存在の耐えられない軽さ」という小説があった(傑作だったと思う)。

ADHD的に言えば「存在の耐えられない退屈さ」ということにでもなるだろうか。

とにかく、じっとしていられない。

はた目から見ると単なる「落ち着きのない人」「イライラしている人」なのがツライところである。

ADHD者からすると、退屈とは、意識の根幹に食い込み、揺り動かす、いてもたってもいられないほどの苦痛である。

いろいろと哲学書や宗教書を読んで来たが、このような「存在論的な苦痛」にはあまりお目にかからなかったように思う。今は、デカルトより後の哲学は、アスペ/自閉症スペクトラム者の思弁だと(勝手な)結論に至っている(デカルトは違う気がする)。しつこく徹底的な思弁。ライプニッツからカント、フッサールハイデガーに至る明らかに自閉症的な世界観。ADHD者の思考パターン(直感的・一足飛び思考)と世界観(外界に対して前のめりな姿勢)とは、明らかに違うのだ。

唯一ピンと来たのはやはり禅である。「而今」(今、ここしかない!)「只管打坐」(ただ座れ!)。

「退屈」という恐怖に襲われた時、とにかく逃げ出したいという衝動を生むADHD属性。禅はADHDの問題に、具体的に、明瞭に答えているようである。

そうは言っても会社で「而今」や「只管打坐」とおとなしくしているのは難しい。

ADHD者にとっての試練の一つが、一通り仕事を終えてしまった定時過ぎだ。

周りはなんだかんだとグダグダ仕事をしていて帰りにくい。仕事もないのに「オレ頑張ってます」残業アピールの人も多い。

そんな時に、ADHDを利用してバサッと帰るのも、またアリだと思わざるを得ないのだ。