A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

ある意味典型的な一日と、その反省

  • ささいなことで子供を怒鳴りつけてしまった(しかも子供が窓を開けていたからご近所に丸聞え)
  • TODO化していたのに事務処理に手を付けなかった
  • TODO化していたのに片付けに手を付けなかった
  • 昼間っから限界近くまで酒を飲んでしまった

ADHDの典型的な行動ではないかと思う。

ついでに自律神経が狂いがちだという5月の頭。(暑かったですねえ)

行動を全くコントロールできなかったようだ。

.

救いは、居酒屋で楽しく談笑出来たのと、あまりひどい夢を見なかったことだけである。

やたらスピード感のある夢だった。タクシーに乗って細い道をグイグイと進んだり、バイクのような物に乗って高低差のある土の道を高速で走ったり。(モトクロスというやつか)

.

ADHD者が自己嫌悪に陥らないのがおかしいわけである。

こんな日々を繰り返すわけだから、どんどん自分に対するイメージが劣化していく。卑屈になったり鬱になったりしていく。

.

ADHDは、脳内に猛獣を飼っているようなものなのだ。

それなりに飼いならしたつもりである。でも、少し調子が悪いと、猛獣部分がすぐに暴れ出す。

.

わたしの場合、子供の一言や態度にイラッと来たときが要注意のようだ。

子供たちが片づけもせずにダラダラテレビを見てる。

当方、皿を拭いたり洗ったり料理の仕込をしたり、せわしなく働いている。

「おなかすいた~。ごはんまだ~」

「ふざけるな!片付けでもしろ!」と怒鳴りつけてしまう。

怒っても不思議ではない状況かもしれない。ただ、怒り方が尋常じゃない。爆発的なのである。マンションの壁を通って両隣と上の階には丸聞えに違いない。恥ずかしいと思う。ここまで怒るほどのことではないと思う。しかし、止まらないのだ。

事務処理にも手を付けられなかった。GW中に郵送しても結局先方に着くのは休み明け。だったらいつやっても同じではないか。悪魔のささやきに囚われてしまった。

片付けも、捨てにくいものを捨てようと考えたものの、行動に移せなくなった。

ADHDとは、何ともやっかいな猛獣である。

出来るだけ怒らないこと。面倒くさいTODOは片付けること。

今日も酒は飲みたい。

何とかこの猛獣と共に、平穏な一日を暮らしたいと思うのだ。