A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

ADHD持ちであるということ

ADHDと共に生きることは、別段苦痛でもなんでもない。

むしろ「退屈しない。面白い」と言ってもいいくらいである。

心の中で猛獣を飼っているのである。ひっそり飼っている分には、別段困ることはない。

社会生活から距離を置く限りは。

.

ADHDの活動で(それでも)一番無難なのは「衝動買い」だろうか。

お金を使うわけだから、迷惑を掛けることはない。むしろ、他人には喜ばれる。苦労するのは将来の自分である。だったら、まだマシな部類の「衝動」である。

「衝動買い」はさすがのADHD者もある程度の歯止めが効く。金が無くなるとどうしようもないからである。無い袖は振れぬ。この言葉は、ADHD者のためにあるのではないか。(カードは基本的に使わないこと!!)

.

社会生活において、ADHD者はいろいろな苦労を強いられる。

じっと出来ない。イライラする。集中できない。

単調な作業が苦手。ミスをする。迷惑を掛ける。怒られる。

物忘れが激しい。

「ダメな人間だ」と思う。

ADHDそれ自体は、不幸ではない。

二次障害が、不幸なのである。

当方、キツイのは、フラッシュバックである。

幸いというか残念ながらというか、わりあい記憶力はある方だ。

それも、いやな目に会った(というか引き起こした)記憶がいつまでも残っている。

突然、何の前触れもなく、うぎゃあ!!と頭を抱えてのた打ち回るようなことが、一日に一度はある。誇張ではない。

吉行淳之介の言葉に「紳士とは、突然『ギャッ』と叫んでのた打ち回る人である」というものがあったような気がする。

とすれば当方は紳士も紳士、大紳士である。

突然、ギャッと叫んだり、裏声でわめいたりしている。家人からは「大丈夫か」といぶかしがられる。

内なるADHDという猛獣が、これまでずっと人を傷つけてきた。不愉快な思いをさせてきた。迷惑を掛けてきた。

その経験があったからこそ、紳士になれるのだろうか。

いまいち確信は持てないが、吉行淳之介氏の言葉を信じる他はない。そんな風に思うのである。